杉並区内の引っ越し体験談

結婚のため杉並区内の2DK賃貸マンションに引っ越し

結婚を期に、夫と同居する為に、それぞれの部屋を解約し、少し広い場所へと引っ越しをしました。2016年、10月の土日に東京都杉並区内での引っ越しです。1DKの賃貸アパートから2DKの賃貸マンションで夫と二人暮らしとなりました。

 

引越し業者は利用せず自力で引越ししました。レンタカーで2トントラックを1万円ほどでレンタルして全て自分たち2人で運びました。残った小さい荷物だけ、翌週実家から両親が軽の車で来て運んでくれました。

都内千代田区の学生寮から杉並区の1Kアパートへ引越し

2014年の3月の週末、大学を再受験して通う先が変わったので引越しを行いました。ひとり暮らしでした。

 

都内千代田区の学生寮から、杉並区の1Kのアパートへの引越しでした。業者には頼まず、友人にレンタカーを借りてもらい、何人かの友人に頼んで荷物の積み下ろしを行いました。

 

住宅街の狭い道に囲まれたエリアで、家の前に車を横付けすることができなかったので、できるだけ近くの、比較的広い道に車を止め、そこから箱を運んで家へ運び入れました。車を止めた位置から家までは急な上り坂になっており、大変でした。

 

また、小雨が降っていたので急遽、近所で雨合羽を購入して作業を行いましたが、その点でも苦労しました。協力してくれた友人たちには焼肉をご馳走しましたが、それとレンタカー代を含めても1万5千円程度の出費で済みました。

都内の江戸川区から杉並区に引っ越し

息子は学生でひとり暮しをしていましたが、就職が決まり、都内の江戸川区から杉並区に引っ越しました。間取りはそれまで借りていた部屋と同じ、洋室6畳と3畳の1Kアパートです。日にちは2016年2月末(土)に決めました。

 

引っ越しは業者は頼まず、下の息子も連れて親子4人での作業。荷物を積むのにマイカーだけでは無理なので、江戸川区の方でレンタカーを予約しておき、2台で一度に運びました。時間はかかりましたが何とかスムーズにいきそうだと安心しかけた時、とんでもない事態が待っていました。

 

新居周辺の道路事情です。

 

住宅密集地で道幅がせまく、対向車が来てもすれ違うことができません。積み荷を下ろすのに車を停めるスペースも見当たりません。次々にくる後続車と対向車を回避するには、その都度、辺りを一回りして元の場所に帰ってくるしかなく。

 

5分停車→荷を下ろす→車の移動を延々とくり返すはめに。幸いひとり暮しの荷物なので4人でダッシュして何とか終えましたが、もう手伝いは勘弁してほしいです。

 

>>>引越し一括見積もりなら面倒なしで安い業者が見つかります!

 

阿佐ヶ谷七夕祭りが有名な杉並区

東京都23区の杉並区で有名なお祭りといえば7月7日の月遅れの8月7日を中日として5日間開催される阿佐ヶ谷七夕まつりで、主催者は阿佐ヶ谷商店街組合で、アーケード型商店街の阿佐ヶ谷パールセンターを中心にして行われます。

 

しかし期間中はJR阿佐ヶ谷駅を始めとして町全体がお祭りムード一色になるので、七夕をモチーフとした装飾が杉並区の阿佐ヶ谷周辺にあふれます。またこのお祭りの期間中にはアーケード商店街の入り口に巨大なくす玉飾りが設置され、各商店街が自ら手作りしたキャラクターの巨大な張りぼてなどが飾られるので、当日はマスコミやNHKをはじめとするメディアに多く取り上げられます。

 

本来の日程は8月5日から9日なのですが、暦によっては土曜日と日曜日が含まれていないことがあるので、土曜と日曜の集客を考慮して、日程をずらして開催されています。

 

>>>部屋探しと入居まで|東京都内の賃貸新居探しと引越し

 

東京都23区でも有名な杉並区の阿佐ヶ谷七夕祭りですが、もともとはこの地区への集客を目的として1954年に開催されました。この祭りを開催する前に全国各地の夏祭りや七夕祭りを視察して研究した結果がこのお祭りで、この七夕祭りを雨の日にも開催できるようにとパールセンターにアーケードが付けられました。

 

杉並区ではこの他にも東京都23区では珍しい阿波踊りが高円寺駅周辺で8月の最終土曜日と日曜日に行われていて、10月になると阿佐ヶ谷ジャズストリートや高円寺フェスなどの芸術系のお祭りが多数開催されてます。

 

杉並区はアニメや芸術、音楽などのイベントに力を入れているので、区民のお祭りとして杉並フェスタなども毎年開催されています。このイベントは毎年桃井原っぱ公園で開催されていて、区民から人気を集めています。

 

西荻窪

西荻窪

 

西荻窪はアンティークショップが多くあることで有名な街ですね。取り扱っている品目は家具・陶磁器・ガラス製品・古着など多岐にわたっていています。

 

少し前まではアンティークのことを骨董と言っていて購入するのは年齢層が多かったような印象があります。最近はレトロな雰囲気が若い人にウケが良いようで購入年齢も下がってきています。

 

西荻窪には約60店のアンティークショップがあって「西荻アンティークマップ」というチラシを作っています。掲載されているショップで手に入れることができます。

 

一度で全てのショップを見て回るのはムリですよね。アンティークというのは一点ものが多く、値段が張るものも結構あるので即決がなかなかできません。

 

 

悩みだすと他のショップの状況が気になりだして、他を見て回っているうちに気に入ったものが他の人に買われてしまう悲劇に見舞われてしまいます。

 

結局はアンティークを手に入れるには即決が一番ということですね。ショップでオススメはガラス製品や陶磁器を求めるのなら「骨董商砂川」です。

 

商品が豊富で、しかもリーズナブルです。落ち着いた雰囲気でじっくりと商品を見ることが出来ます。

 

アンティーク家具なら「ティアドロップ倶楽部」が安くて使いやすい家具がそろっています。明治から昭和にかけての和家具で部屋をキメたいのなら「駱駝」がいいです。

 

引越したばかりならこれら店で家具をそろえるといいかもしれませんね。

 

「アンティークギャラリー和夢」ではイギリスティーカップや江戸時代の和食器などを取り扱っています。新居でアンティーク家具に囲まれてアンティーク食器でお茶をするなんて想像するだけでも素敵ですね。

 

アンティークショップを回るときに注意しなければいけないのは決められた時間とおりに開店をしないショップが結構あります。時間に余裕を持って悠長な気分で街を歩いたほうが良いです。

 

西荻窪はお洒落な雑貨を置いているお店も数多くあります。西荻窪に引っ越してくるなら雑貨を何も持ってこなくても自分好みの雑貨を揃えることができます。

 

西荻窪はグルメの街としても知られています。交通の便があまり良いとは言えないところなので余程のお店でなければ混雑することもなく静かに食事をすることが出来ます。

 

都内の引越し料金相場はいくら?【だいたいこのくらいです!】

杉並区に引越したい!@部屋探し【マンション・アパート不動産賃貸はココ!】関連ページ

渋谷区
足立区
荒川区
江戸川区
葛飾区
北区
江東区
大田区
品川区
墨田区
台東区
文京区
千代田区
中央区
板橋区
目黒区
港区
中野区
練馬区
世田谷区
新宿区
豊島区