文京区の引っ越し経験者の体験談

東京都江東区から文京区に単身引越し

引越しの動機は、住んでいたマンションのいくつかの部屋が民泊になってしまい、マナーの悪さにうんざりし、治安上も不安に感じたため急遽引越しを決めました。単身世帯、1Rから1K、東京都江東区から文京区に引っ越しました。時期は2016年12月です。

 

引越し業者さんは、サカイ引越センターさんでした。なぜサカイさんを選んだかというと、所持しているクレジットカードの提携先で安く契約できるということをHPで調べたからです。見積もり金額は37800円、実際に支払った金額も同額です。

 

当日来た作業員は2名、20代〜30代前半の若い方でした。元気がよく、テキパキ作業してくださったので、運び出してから搬入し終わるまで、移動時間も含めて3時間かかっていません(平日)。すごく丁寧…というわけではないですが、そんなに高い家財もなく、早くて直前に申し込んだわりに安いという点ではとても満足しています。

 

東京都23区の文京区は江戸時代から学問が盛んな地域

東京都23区の文京区は武蔵野台地のうちの本郷台地を中心とする地域です。上野の不忍池の西側にある急峻な場所が本郷台地ですが、東京大学や根津神社などがある地域としても有名です。

 

本郷台地を不自然な形で切り裂くように流れているのが神田川ですが、この川は江戸時代初期に本郷台地を切り通して開削された人工の水路です。

 

文京区という区名からも分かるように、この地域は東京都23区内の地域でも特に学問が盛んです。東京大学があるだけでなく、多くの教育機関があります。江戸時代には学問の中心地であった湯島聖堂があることでも有名です。

 

湯島聖堂の北側にある神田明神は、正式には神田神社と呼ばれ、江戸の総鎮守とされる格式を持っていました。現在でも幅広い人たちからの信仰を受ける神社で、門前名物の甘酒も有名です。神田明神の付近の地形は特に複雑で、神田川の聖橋から歩いてくれば高低差があることがよく実感できます。

 

文京区といえば、野球ファンにとっては東京ドームがあることでおなじみです。東京ドームが完成する前は、後楽園球場があり、読売巨人軍の本拠地として長く親しまれてきました。東京ドームは、建物や山などの面積の例えとしてよく用いられる存在ですが、かつては後楽園球場10個分などという表現も使われていました。

 

文京区は東京都23区の地域で地名どおりの文教都市として、幅広い貢献をしてきました。東京大学には象徴的な赤門があり、自然も豊かなキャンパスがあります。日本の学府の最高峰として明治時代からの歴史を積み重ねてきたのです。東京大学を志望する学生も多く、入学するには大変な苦労をするものです。受験や卒業の季節ごとに東京大学では様々な人間ドラマを見ることができます。

 

都内の引越し料金相場はいくら?【だいたいこのくらいです!】

 

湯島・本郷

湯島

 

湯島・本郷は江戸時代には武家屋敷が大半を占めていたそうですよ。明治時代になって加賀藩屋敷跡に東京大学が開校しました。東京大学の赤門は文政10年に建設されたもので、大学内では一番古い建物だそうです。

 

東京大学に通学するのはムリでも構内を見ることができます。現役の学生がキャンパス構内を案内してくれるキャンパスツアーが行われています。ツアーに参加するにはホームページから予約が必要です。

 

湯島・本郷は樋口一葉や石川啄木などの文人が居住を構えた街として有名です。菊坂周辺に樋口一葉旧居跡があります。

 

約三年、母と妹と三人で暮らしていて、このときに『闇桜』『うもれ木』を生み出したそうです。近くには一葉が家計のやりくりに通った質屋(旧伊勢屋質店)があります。

 

毎年11月23日の一葉忌には内部を無料で公開しています。居住跡には一葉が使った井戸なども残っていて暮らしぶりが偲ばれます。

 

東大附属病院から不忍池に向かう無縁坂は森鴎外が著した『雁』の舞台となったことで有名な坂です。多くの文人たちが愛した街を歩きながら当時の暮らしぶりに想いを馳せたいですね。

 

湯島といえば湯島天神です。湯島天神は天皇二年(458)雄略天皇の勅命で創建されたという古社です。学問の神様、菅原道真公を祀っていて受験シーズンには受験生が多く訪れることでも有名です。

 

湯島天神の境内には約300本の梅の木が植えられていて、2〜3月には梅まつりが行われています。

 

旧岩崎邸庭園は三菱財閥三代目総帥の本邸でした。明治29年に完成した当時は20棟以上の建物があったそうですが現在は洋館・ビリヤード場・和館の3棟のみとなっています。

 

残っている建物は贅沢な造りとなっていて当時の岩崎家の暮らしぶりが偲ばれます。旧岩崎邸庭園は敷地全体が国の重要文化財に指定されています。

 

東京大学弥生門近くに弥生美術館・竹久夢二美術館があります。弥生美術館は挿絵画家の高畠華宵の作品を紹介しています。併設されている竹久夢二美術館では夢二の作品を常時200点展示しています。

 

湯島・本郷は多くの文人が愛した街で、今は未来の日本をリードする若者が通う街です。

 

引越し一括見積もりなら面倒なしで安い業者が見つかります!

 

御茶ノ水

お茶ノ水

 

御茶ノ水とは千代田区駿河台や文京区湯島などを指す通称です。御茶ノ水へはJR中央線・総武線、地下鉄丸ノ内線を利用します。

 

本郷通り沿いにはギリシャ正教の聖堂ニコライ堂があります。明治24年に建てられて日本でもっとも古く、もっとも大きいビザンチン建築の大聖堂です。

 

ニコライ堂はギリシャ正教を日本に伝えた大主教ニコライに由来しています。御茶ノ水のシンボルとも言えます。

 

もう一つシンボルといえるのは神田川に架かる聖橋です。昭和2年に完成したアーチ型の橋です。橋は湯島聖堂とニコライ堂を結ぶことからこの名前が公募で選ばれたそうです。

 

電車の車窓から聖橋がよく見えます。湯島聖堂は江戸時代に幕府直轄の学校昌平坂学問所があったところです。日本の近代教育の始まりの地ですかね。

 

湯島聖堂大成殿には儒教の祖である孔子の像が祀られているそうです。見どころは総漆塗りの入徳門です。

 

湯島聖堂から末広町駅に向かって行くと神田明神があります。神田明神は天平2年(730)に創建されたそうです。平安時代の武将平将門を祀っています。

 

社殿は国の登録有形文化財指定されていて、内部は朱漆塗の権現造りになっています。奇数年の5月中旬に江戸三大祭りの神田祭が行われます。

 

御茶ノ水の歴史的建造物として有名なのは山の上ホテルです。建物はアールデコを基調としていてクラッシクとモダンが同居しています。

 

ホテルは三島由紀夫や池波正太郎などの文人が常宿としていたそうです。ロビーや館内には池波正太郎が描いた水彩画が展示されています。

 

地階にコーヒーパーラがあって、文人たちが何を想い宿泊していたのかを想像しながらお茶をするのは素敵な時間になります。

 

御茶ノ水に行ったら立ち寄りたいところは御茶ノ水小川軒ですね。明治38年創業の老舗洋食屋です。10日間かけて作られるデミグラスソースが使われるハンバーグは最高です。

 

文人たちもここで食事をしたかもしれませんね。

 

御茶ノ水駅から明大通りを行くと神田古書店街やスポーツ用品店街があります。目的に合わせたお買い物ができる街です。

 

小石川

小石川

 

小石川は日本最古の小石川植物園や占春園など緑地が多く四季折々の風景を楽しめる街です。

 

 

小石川植物園とは貞享元年に徳川綱吉の白山御殿跡地に着く側幕府が造った小石川御薬園が前進です。

 

 

さらに徳川吉宗のときに小石川養生所が設立され、庶民の病気を直すための薬草の研究が行われました。

 

 

小石川植物園は通称で東京大学大学院理化学系研究科附属植物園が正式名称です。植物園へは丸ノ内線茗荷谷駅、都営大江戸線後楽園駅、都営三田線後楽園駅を利用すると良いです。

 

 

園内に見どころはメンデルの葡萄の木やニュートンの林檎の木、綱吉の庭園の名残です。

 

 

園内は山手線のほぼ真ん中とは思えないほどの別世界広がっています。広い敷地内は手入れが行き届いてますが自然のままを残した部分も多くあります。

 

 

庭園近くに東京大学総合研究博物館小石川分館があります。西洋風の赤い建物がシンボルの博物館です。建物は東京医学学校本館を移築したもので重要文化財に指定されています。

 

 

館内には望遠鏡などの研究機材や学校の建築図面、標本やはく製なども展示されています。

 

 

占春園は徳川光圀の弟松平頼元の屋敷庭園跡で、いまは筑波大学附属小学校の自然観察園として管理されています。園内には遊歩道が設けられていて自然のままの大木が生い茂っている自然園です。

 

 

小石川は幸田露伴や石川啄木などの文人たちが居住した土地として有名です。石川啄木はこの地で27歳の若さで亡くなりました。彼が居を構えていたところは現在はマンションになっています。

 

 

マンションは播磨坂の路地を入った場所にあって、入り口に案内板が掲示されています。

 

 

播磨坂は戦後の区画整理によってできた坂です。約500m続く道の両側には桜の木が150本植えられています。春にはソメイヨシノなどがトンネルのように咲き誇ります。

 

 

毎年3月下旬から4月上旬には文京桜まつりが開催されて、祭り期間中の土日は歩行天国になることもあります。

 

 

桜のトンネルを抜けると都心の隙間の大きな植物園が待っていて思いがけない爽快感が味わえます。

 

>>>部屋探しと入居まで|東京都内の賃貸新居探しと引越し

文京区に引越したい!@部屋探し【マンション・アパート不動産賃貸はココ!】関連ページ

渋谷区
足立区
荒川区
江戸川区
葛飾区
北区
江東区
大田区
品川区
杉並区
墨田区
台東区
千代田区
中央区
板橋区
目黒区
港区
中野区
練馬区
世田谷区
新宿区
豊島区