引っ越しあるある〜引っ越しでありがちなトラブルについて

どんな時でも不測の事態というのは起きるものです。引越しでよくあるトラブルに追加料金に関するものがあります。本来引越し作業の追加料金については、見積書にその旨が記してなければ当日に請求することはできない事になっています。但し申込者が事前に伝えた内容(荷物の内容詳細や引越し先、引越し元の場所など)が正しく引越し業者に申告されているという大前提が必要になります。

不測の事態により追加料金が発生する場合

引越し元の住所の住まいで、実際に訪問して見積もりをしたのであれば、搬出については問題ありませんが、引越し先の情報に不足があった場合、たとえばトラックが駐車できない道であったり、運ぶ部屋までエレベーターがない為専用のトラックが必要になったり、作業員の増員が必要となったりなど、引越し業者がなんらかの突発的対応が必要になる場合があります。また荷物の内容についても、分解や組み立てなどなんらかの作業が必要になるものがあるのであれば、事前に引越業者に伝えておく必要があります。ただし搬出先の新居側での作業有無については、実際に行なってみないと分からないこともあるので、業者側の判断に任せる部分もあります。

 

それ以外に追加料金が発生するケースとしては、引越し当日までに予定していた荷造りが終わらず、梱包作業まで手伝ってもらった場合などです。これがちょっとした量であれば好意でやってもらえる場合もありますが、量が多すぎれば梱包料金の発生や、場合によっては当日の引越しや困難と判断され延期になった上キャンセル料金が発生する場合もあります。余計や出費をせず、また予定通りの引越しを行う為にも引越し計画をしっかりたてて過不足なく進められるようにしましょう。

新居が狭い時には、こんなトラブルがあるかも?

新居を決めるとき部屋の間取りや交通の便などを基準に決めても通用口や通路の広さなどを考えて部屋を決めるなんてことはあまりないのではないでしょうか。

 

以前引越ししたときに部屋の前の通路が狭くベッドを玄関から出すことができなくって、窓から出すことになり特殊車両を使うことになってしまいました。特殊車両を使ったぶん引越し費用が余分にかかってしまいました。まさか通路が引越し費用に影響するなんて思ってもいませんでした。姉が結婚して新居に引越ししたとき、お気に入りのタンスが玄関からも窓からもどこからも入れることができなく、引越し業者に引き取ってもらいました。タンスが悪いのか、建物が悪いのか、引越し業者が悪いのか、運び込めない荷物があることをこの時知りました。

 

家具の運搬の際には方向を変えるためのふり幅がいるのであまり狭すぎると家具を搬入できないこともあるので、今使っている家具を持って行こうと考えている方は、新居を決めるときは通路の広さや玄関のサイズなどを調べたほうが良いです。新居を決めてから家具の購入を考えている方は通路の広さや玄関のサイズなどを測ってらか決めたほうが良いでしょうね。

 

狭い住宅の家具の候補としてお勧めなのは組み立て式の家具です。どんな家でも搬入・搬出には困ることはありません。基本的に誰でも組み立てられるように作られていますが、工作が苦手という方はオプションサービスで組み立てをしてくれるところもあります。今使っている家具が組み立ての家具の場合は解体して搬入してくれる業者が殆どのようなのですが、中には解体できないものもあるので注意してください。

作業員が困ることがあるんです。要注意!

引越し業者にも運べないもの、運送の引き受けを拒否できるものがあります。1つ目は個人が携帯することのできる貴重品です。具体的には現金、有価証券、貴金属類、預金通帳、印鑑などがこれにあたります。2つ目は他の荷物に損害を及ぼす恐れのあるものです。具体的には火薬類、危険物、不潔なものなどがこれにあたります。そして3つ目は輸送にあたって特殊な管理を要するものです。具体的には動植物、美術品、骨董品、ピアノなどがこれにあたります。とはいえ、植物はダンボールにごみ袋を広げて張り、口をあけたままにしておけば運んでもらえるということです。ペットはうまくすれば助手席に乗せてもらえるという場合もあるようですが、何かあっても補償はできないことを頭にいれておいてください。

 

屋内でペットを飼われている方、多いのではないでしょうか。きちんと糞の始末をしていますか。とある作業員はウサギを数匹飼っている家にお邪魔した時に、その床の上にころがる糞に大変な思いをしたそうです。作業員は荷物を積んだ後、今度は荷物を降ろしに行かなければなりません。仕方なく新しい靴下を買いに走ったそうです。きっと引越し後の掃除も大変だったでしょう。

 

また不用品として引き取ったタンスに衣類が残っていたというケースがあったそうです。これはプライバシーの観点から中身を確認することを依頼主に拒否され、中を見ずに処分してしまったために起こってしまいました。これで洋服が紛失したと騒がれる作業員もお気の毒です。こういったことがないように、依頼する側が処分品の確認を事前にしておく必要があります。

道幅が狭いことによるトラブル

日本は道路幅が狭かったり、石段が多い通りがあったりと道路事情が引越しのときの障害となることがありますよね。

 

道路幅が狭くても軽自動車が通れるストレートの道路であれば、2tトラックなら入っていけますが、曲がり角があれば2tトラックでも入っていくことは出来ません。2tトラックが入れない道路幅のときは軽トラックで数回に分けて運んだり、大型トラックまで台車で運んだりします。余程のことがない限り作業員を増員することはないのですが、時間と手間がかかるのでトラックが入れる道路幅よりも費用が高くなることが多いです。いま住んでいるところが道幅が狭いのならどうしようもないのですが、これから新居を探す方は道幅も考えて決めるのもいいかもしれませんね。

 

会社の同僚に結婚のために新居を探していたところ、本人(男性)は「ここは車の出し入れがしやすいかな、雪が積もったとき車がすれ違えれるかな」と道路事情を考えて探していたのですが、そんことは気にしていない婚約者の気に入った間取りの部屋に押し切られる形で新居を決めたしまったそうです。その結果、冬になると「雪山でハンドルが切れなくて車庫に入れられなかった」「除雪が入っていないから一方通行状態だ」と愚痴っています。車を通勤などでよく使う方は季節によって道路事情が変わることも頭に入れて新居を決めたほうが良いでしょうね。

 

しかし、引越し先が坂の街長崎や道幅が狭く傾斜の多い鎌倉などは道路事情についてはどうしようもないかもしれません。そのような地域に引越しをするときは引越し作業そのものは作業員が人力で運んでくれるので心配ないです。