東京と山形 どのくらいの費用が引越しで掛かる?

東京―山形間の引越し料金の相場は、単身、ファミリーなど荷物によっても値段が違っていますし、大手の引越業者に依頼するのか、それとも、中小の引越業者に依頼するのかによっても違います。

 

家族構成によって値段が違う理由は、それによって荷物の量が違っているからです。そして引越のピークといわれている3月4月、9月10月、土日、連休などによっても値段は大きく違ってくるので、そのことは覚えておくといいでしょう。

その上で東京―山形間の引越料金の相場を見ていきましょう。

 

東京、山形間は距離にして300キロほどあります。

 

単身の一人暮らしによる引越しで大半の引越し業者は単身パックなるものを用意していますが、大手、中小引越業者の単身パックの値段の相場は、4万円から18万円となっています。

 

一番安い中小引越業者の単身パックで4万円から、大手で一番高い単身パックでも、18万円くらいまでということになりますね。

 

では次に、2人世帯、3人以上の家族の引越しの値段ですが、こちらは、

  • 大人二人の場合には6万円から30万円
  • 3人以上の家族になると7万円から30万円

となっています。

こうして見てみるとわかりますが、大人2人でも、3人以上のファミリーでも、さほど値段の差がないことがわかります。

 

若干中小の業者の場合には、大人二人のほうが値段が安く設定されていますが、大手の場合には2人でも3人以上の家族でも差はないようです。

 

これを踏まえた上で、東京と山形県間の引越しの料金の見積もりを実際に出してもらい、その金額と比較するといいでしょう。

 

タダで一度にたくさんの業者の見積もりがもらえるので便利です♪

東京の引越し

 

 

 

 

引越し荷物の荷造りについて

引越しするためには荷造りをしなければなりません。そこでこのページでは、荷造りのポイントについて解説します。

 

まず荷造りにおいて必要不可欠なのは荷物を収納するためのダンボールです。ここで重要なのは、大きいダンボールと小さいダンボールの二種類を用意しておくことになります。なぜなら、荷物に対してダンボールがあまりに大きすぎるとサイズ的に邪魔になります。かといって、ダンボール一つにあまりたくさん荷物を詰め込み過ぎると、重くなって運びにくくなります。だからこそ、荷物の量や大きさにあわせて、大小二種類のダンボールを使い分けることで、効率的に運べるようにしておくべきなのです。

 

次に重要なのは、荷造りする順番です。本や食器などの重い物や、かさばるものは小さいダンボールにいれて運び、洋服などの軽めの物は大きいダンボールに入れるように荷造りすると、運送する時や取り出す時に便利になります。それと、普段から使わないものは荷造りを後回しにすると忘れてしまう可能性があるので、できる限りはじめにすませておくと良いです。また、貴重品の管理もまた重要なポイントと言えます。

 

現金や通帳や印鑑などといった貴重品は、ダンボールに入れたりせず、バッグなどに入れて自分で持ち運ぶようにしましょう。そうしなければ、後で必要になった時に咄嗟に取り出せなかったり、見つからなかったりして不便です。なお、貴重品のことは置いておいても、ダンボールに何を入れたのかわかるようにメモなり記載なりしておくのも大切です。


 

オトクな引越し業者はコチラから!

 

東京−山形間の引越し:安い業者を探せる見積もり比較はコレ!関連ページ

青森
秋田
宮城
福島
岩手