新居への入居の準備|東京都内の賃貸部屋探しと引越し

新居に入居するにあたって、必要なものは何でしょうか?意外と忘れがちなのが、トイレットペーパーです。また照明器具も明るいうちには気づかないものですが、電球自体も付いていなく、夜暗くなりますとあわてることも多いと思いますので、準備しておきましょう。そしてカーテンは事前に窓の大きさを測っておいて準備しておくべきです。

 

その他、着替えや洗面道具、最低限の食料は用意しておくべきです。

 

そしてライフラインともいえる電気やガスも一人暮らしでは自分で準備をしなくては利用できません。

 

引越しの日が決定しましたら、あらかじめ準備をするようにしましょう。そして、入居をしましたら、できるだけ早く大家さんや両隣、真下の部屋の住人にも挨拶をするようにしましょう。引越しの際に迷惑をかける可能性もありますし、今後のお付き合いを円滑にするためにはとても大切なことです。単身者用のマンションなどでは、挨拶しにいっても会えないこともありますが、そんな際には普段の生活で顔を合わせたときに挨拶をするのもよろしいでしょう。

 

そして手続きです。まずは住民票の移動と郵便局への手続きが必要になります。運転免許などの変更は住民票などが必要となりますので、住民票の移動手続きは必須です。また、郵便物は、転居届を郵便局に出しておけば、前の住所宛に届いたものは、新住所にしっかり届きますので、対応するようにしましょう。また、その他自分名義になっている口座や定期購読品などの登録内容は変更しましょう。

 

 

力のない女性が一人暮らし引越しする時、便利なサービスってありますか?

独身女性が引っ越しをするときには荷物はできるだけ、男性には見られたくないものもありますよね。このような場合「レディースパック」をお勧めします。レディースパックは、単身で引っ越しをする女の人専用の引っ越しサービスで、力がなく、重たいものを動かすのはムリという人にもオススメです。詳しい内容は次の通りです。

 

【全員女性スタッフが対応】荷物の梱包から運搬まで全て女性のみで作業を行います。当然、人に荷物を見られることに抵抗がある人は運搬だけお願いしても大丈夫ですし、見られたくないものだけを予め梱包しておくというのも可能です。女性スタッフ独自の気配りをしながら、引っ越しの作業工程を進めてくれると大人気です。

 

【タンス丸ごと梱包サービス】業者によって対応してくれるかは違いますが、女性だと見られたくない持ち物もあるはずです。そうした不安を解消するために、タンスをそのまま梱包しれくれるサービスがあるのです。これであれば、中身を見られずに荷物を運ぶことが可能です。

 

【見積もりは電話やメールで済みます】引っ越しの見積もりをするために業者の人が家の中に入ってくるのが普通ですが、基本的に電話かメールで大丈夫です。

 

【盗聴器発見サービス】引っ越し先に盗聴器が仕掛けられていたら怖いですよね。そうした不安から解放してくれる、盗聴器発見サービスというのが引っ越し業者によってはあります。どのサービスも女心がわかるサービスばかりです。ぜひレディースパック使ってみてください。

 

なにかと心細かったりする女性の場合は引越し女子向けサービスを利用するのがベストです。

 

>>>引越し一括見積もりなら面倒なしで安い業者が見つかります!

新居への入居の準備|東京都内の賃貸部屋探しと引越し関連ページ

新居選びの条件
物件の下見
旧居の解約
挨拶