新居と旧居への挨拶|東京都内の賃貸部屋探しと引越し

引越し後、新しい住まいの荷物の整理が一段落したら、新居の大家さんやご近所の御宅に挨拶回りに行くのがマナーになります。可能ならば引っ越して来たその日の内に挨拶に伺うようにしましょう。

 

また引越し当日に挨拶廻りが無理な時には、翌日には伺えるようにしましょう。引っ越し先の大家さんや管理人の方への心証は大事なので良くしておきましょう。例えば、隣近所と何かあったときにも味方になってもらえるなど、今後の生活にとっても大切なことなので、可能ならば夫婦揃って、子どももいっしょに家族全員で挨拶に伺うと、印象は良くなります。引っ越し先での挨拶廻りに行く範囲としては、1戸建てのケースでしたら3軒両隣、アパートやマンションのケースでしたら両隣と上下階に挨拶廻りに伺うのが一般的です。

 

挨拶の際に持っていく品物は、隣近所に関しては五百円から千円程度のもの、大家さんや管理人には千円から二千円程度の品物を用意していくのが多いようです。またその挨拶の際に持参する品物に関しては、タオルや石鹸、クッキー、お茶、洗剤、ビール券、入浴剤といったものが多いようです。遠くの土地からの引越しの場合は地元の名産などもいいかもしれません。

 

引越し当日は、荷持の整理、掃除、新しい住まいへのご近所への挨拶廻りなど多忙ですが、今まで住んでいた近所への挨拶を忘れてしまいがちになります。今までお世話になった隣近所への挨拶廻りは、引越しの前日までに済ませておきましょう。

 

 

 

 

挨拶で全てが決まる?

引越しの挨拶につきましては、基本的には引越し当日は忙しいので避け、前日までに終わらせておくのがよろしいと思います。

 

挨拶は引越し元で親しくしていた人に対する挨拶と引越し先の挨拶の双方がありますが、引越し元の親しい人には引越し日が決まった際にその旨を伝え、その他のご近所の方には前日に挨拶でよろしいと思います。

 

新居のご挨拶は、できるだけ早めに挨拶をされるとよろしいと思います。ただし、あまり遅い時間に挨拶に伺うのは失礼ですので、避けるようにしましょう。

 

しかし、単身者の場合には少し状況が異なります。単身での社会人の場合や学生などの場合には、基本的にそんなに近所づきあいはありません。プライバシーを優先する方も多いので、新居で挨拶をするか否かは住人の雰囲気を考えて決めるべきです。

 

廊下ですれ違った際などに、会釈をしてもらったり、逆に目も合わさずに、通り過ぎていく場合では、対応の仕方も変えるべきです。なかなか雰囲気もわかりづらいので、大家さんに住人間の付き合いの程度を確認するのもよろしいと思います。

 

また、引越し後に言葉を交わせるような住人がいる場合には、しばらくしてから、「先日、引越ししてきました○○です」というカジュアルな挨拶の仕方で十分だと思います。そして、今まで住んでいた家も新居も挨拶に伺う際に挨拶の品を持参しますが、気持ちの品ですので、せいぜい予算は500円程度でよろしいと思います。そして挨拶の品は、石鹸や、洗剤、タオルなどの個人の好みに影響しないようなものを選ぶようにしましょう。

新居と旧居への挨拶|東京都内の賃貸部屋探しと引越し関連ページ

新居選びの条件
物件の下見
旧居の解約
入居の準備