都内の新居探しを楽しみましょう

東京都内での引越しをすることが決まった時、最も重要かつ最初にすべきことは何でしょうか?

 

勿論それは、引越し先の場所を見つけることです。場所が決まらなければ、その後の行動を取ることが出来ません。自分の理想に可能な限り近づく物件を探し、快適で充実した生活を送りたいですよね。それでは、「自分の理想」とは何でしょうか?

 

「家賃が安いこと」「駅から近いこと」「会社や学校との距離が近いこと」「キッチンが広いこと」「環境・治安が良いこと」などなど、数え上げればたくさんあると思います。

 

少しでも理想と近い物件に住めるよう、事前に物件について調べるのは当然のことです。単身者の場合、会社の寮や彼氏・彼女の家で同棲を始める等予め引越し先が決められていれば別ですが、大抵は不動産会社とやりとりすることで新居を決定します。不動産会社の人に自分が理想とする物件についてできるだけ細かく伝えることが重要です。

 

どのような間取りなのか?家賃はいくらくらいを希望するのか?最寄駅まで徒歩何分がいいか?といった自分の要望を不動産会社を訪れる前にメモしておくと良いでしょう。箇条書きで紙に書いてもいいですし、パソコンのメモ帳でまとめたあとプリントアウトしてもいいですね。更に、インターネットや雑誌で見つけた、自分の理想に近い物件の情報が書かれたページを印刷なりコピーするなりして持参するのも良いかもしれません。そうすれば、限られた時間で効率的に不動産会社の人に伝えることができます。

 

引越しに際しては、どんな物件に引越したいかをまず考えることになると思います。可能な限り、自分にとって最良の物件に引越したいと考えるのが普通です。では、最良の物件に巡り合う為にはどのような方法を取れば良いでしょうか?引越し完了後、「実は自分にとっては不都合な物件だった」という事態を招かないよう、入居したい物件が自分の気に入るものかどうかしっかりと見極める必要があります。まずは「日当たり良好」「2階以...

引越し先を決める際、事前に物件を下見する人がほとんどだと思います。勿論、下見の前にインターネットや雑誌などで間取り図を調べることと思いますが、やはり自分の目で見て確かめることが一番でしょう。ドアがきちんと開くか、コンセントはいくつあるのか、壁や柱に汚れや傷がないか…。直接自分の目で見た方が良いチェック項目はたくさんあるのです。特に重要なポイントは人それぞれだと思います。例えば女性に多そうですが、「...

東京都内へ(あるいは都内からの)引越しが決定してから最初に行うべきことは何でしょうか?勿論、引越し先の物件を選ぶことも重要です。ですが、それ以上に優先すべき事柄として、「旧居の解約」があげられるのではないでしょうか。自分が今まで住んでいた家を引き払う作業は、実は想像以上に長い時間がかかるのです。賃貸を借りたときに提示される「賃貸借契約書」という書類に、解約する旨伝える必要のある時期について記されて...

新居に入居するにあたって、必要なものは何でしょうか?意外と忘れがちなのが、トイレットペーパーです。また照明器具も明るいうちには気づかないものですが、電球自体も付いていなく、夜暗くなりますとあわてることも多いと思いますので、準備しておきましょう。そしてカーテンは事前に窓の大きさを測っておいて準備しておくべきです。その他、着替えや洗面道具、最低限の食料は用意しておくべきです。そしてライフラインともいえ...

引越し後、新しい住まいの荷物の整理が一段落したら、新居の大家さんやご近所の御宅に挨拶回りに行くのがマナーになります。可能ならば引っ越して来たその日の内に挨拶に伺うようにしましょう。また引越し当日に挨拶廻りが無理な時には、翌日には伺えるようにしましょう。引っ越し先の大家さんや管理人の方への心証は大事なので良くしておきましょう。例えば、隣近所と何かあったときにも味方になってもらえるなど、今後の生活にと...