エアコンなどの電気工事 | 都内の引越し料金相場はいくら?【だいたいこのくらいです!】

引越しをする時にエアコンや洗濯機の取り外しや取り付けをする時があります。それらを引越し業者にお願いするのが早い方法ですが、追加の工事を行ったり、必用な部品を持ってない事が多いためトラブルになるだけでなく、追加料金がかなり高くなるケースがあります。その理由としまして、引越し業者の営業マンは基本工事代しか提示しないためです。

 

それを回避する方法としまして、工事業者にお願いする方法です。工事業者にお願いする理由としまして、室外機のパイプの工事や、エアコンのクリーニング、アンテナの工事など素人が行えないためです。特に室外機はパイプやホースの長さが転居先で変わったり、ベランダや庭がないところでは特殊な器具が必要となってきます。

 

またタバコを吸う人はエアコンのクリーニングを行わなければならない時があったり、アンテナを設置するのに追加で工事を行わなければならない時があるためです。その時に工事業者にお願いする事によって必用な部品の用意をする事ができるだけでなく、エアコンの清掃も行ってくれるためトラブルを回避する事ができるだけでなく、安い引越しができます。

 

もし工事業者が見つからない時には、電化製品を購入したお店か引越し業者に紹介をしてもらう方法です。また工事業者にお願いをする時には、必ず新居に行って現地で工事箇所などを相談しますと、引越しの当日までに工事をしてくれるため安心して入居ができるだけでなく、安い引越しができます。

 

このように電気工事が必用な時には、予め工事業者にお願いをする事が無難であると言えます。

エアコンの標準工事と料金

エアコンの設置工事を検討している方の中には、「色々な業者を、チェックしている」という方もいると思います。同じエアコンの設置工事でも、料金なども多少変わってきますし、内容に関しても違いがあるところもあります。

 

では、エアコンの設置の際の標準工事とは、どういった工事内容となっているのか、ご紹介しましょう。エアコン設置の料金を確認していると、標準工事と書かれているものが多くなります。素人にしてみると、この標準の工事がどういった内容かも、分かりませんよね。

 

一般的には、エアコンの標準工事として行われるのは、配管用のパイプの工事、パイプを通すための壁貫通工事、室内側に必要となるドレン断熱、室外機用の樹脂第、電圧切り替え工事、コンセント交換などが含まれていることになります。しかし、業者によっては、電圧切り替え工事、コンセント交換などに関しては、オプション工事として扱っているところもありますので、事前に確認しておく必要があります。

 

工事の前には、見積り依頼をする方が多いと思いますが、見積りを確認する際には、「この他に、追加料金となるものはあるのか?」など、事前に確認しておいた方が安心でしょう。工事後に、「この工事は、追加料金になります」と言われた場合、「他の業者の方が、安くすんだのに」なんて後悔をしてしまう可能性もあります。業者によっては、この標準工事の内容なども若干変わってきていますので、工事内容なども細かくチェックする様にしましょう。