手付かずの自然溢れる東京都青梅市

青梅市は、東京都の多摩地域北西部に位置する町です。東京都の中では4番目に面積が広く手付かずの自然があふれています。また青梅市の形は横を向いたイノシシに似ているとして特徴的なシンボルになっています。東京からおよそ2時間、透き通る清流や美しい緑溢れる山々が青梅には広がっています。渓谷沿いには多くのキャンプ場やバンガローがあり、週末にはレジャーを楽しむ家族連れ若者が多く集まります。

 

梅で有名な青梅ですがその中ででも吉野梅郷は大人気です。青梅線日向和田駅から二俣尾駅までの間に位置し、東西4キロに広がる広大な地域で、多くの観光スポットがあり観光客にも人気を博しています。毎年2月下旬から3月末まで、吉野梅郷梅まつりが開催されています。

 

しかし果樹の病気であるプラムポックスウイルスが見つかり、その広がりを防ぐため吉野梅郷の梅1266本をすべて伐採しなくてはいけなくなってしまいました。青梅市のシンボルでもあった梅が全て伐採されてしまうことに多くの人が惜しみの声をあげていますが、復活するその時まで楽しみに待つしかありません。

 

>>>部屋探しと入居まで|東京都内の賃貸新居探しと引越し

 

しかし青梅は梅だけではなく日本の名水百選にも選ばれている御岳渓谷があります。江戸の時代から東京都の水源として利用され、上流部は水質が良いことで知られています。また登山客に大人気の御岳山もあります。山頂には犬を祀る武蔵御嶽神社があり、犬とともにお参りをする登山客も多いのが特徴です。

 

また平将門が建立したとされる金剛寺という寺院があり、熟さずに青いまま実を落とす梅から青梅という地名が付けられたと言われています。将門誓いの梅として知られています。

 

青梅市は東京都の中では有数の大自然を感じられる貴重な場所で、都心から2時間程度でいけるということで都民に限らず多くの人達が訪れる町なのです。

 

都内の引越し料金相場はいくら?【だいたいこのくらいです!】

 

引越し一括見積もりなら面倒なしで安い業者が見つかります!