都会と田舎が混在する街、町田市。

東京のベッドタウンとして人気の東京都町田市。横浜市、川崎市、相模原市と隣接しているため、神奈川県と思われがちですが、れっきとした、正真正銘の東京都です。この、存在が小さいようで実は大きな、東京都町田市の魅力にせまっていこうと思います。

 

東京都町田市は、中心部の町田駅から新宿まで30分という好立地にあります。さらに横浜や箱根など、人気の観光地にも気軽に行ける距離に位置しています。都心と比べ家賃も手ごろで、「都会の中の田舎」といえるのではないでしょうか。農業も盛んで、静かな落ち着いた田園風景が広がっています。

 

その一方で町田駅周辺の繁華街は「西の歌舞伎町」と呼ばれ、人口増加と新宿の風俗店が移転してきたことにより、一時期治安が問題視されました。現在治安は回復の兆しを見せていますが、依然として警察官不足は続いています。

 

ただ、風俗店のある通りを避ければ、繁華街はショッピングなどを楽しめる若者の街です。「西の渋谷」の異名を持つ通り、マルイや109、ルミネなど、都心部でも営業するファッションビル街があり、「西の秋葉原」と呼ばれるように、ゲームセンターやアニメ専門店などの文化的店舗も多く、その近辺には昔ながらの商店街も存在します。

 

>>>部屋探しと入居まで|東京都内の賃貸新居探しと引越し

 

都心に行かずとも町田駅周辺で事が足り、商店街では懐かしい下町情緒を感じることもできます。この観点から見ても、町田市はまさに「都会と田舎が混在する街」であると言えるでしょう。

 

これまで述べて来た町田市の魅力。落ち着いた中・大規模な住宅街も市内各所に点在しており、住みやすさは人口の増加が表していると言えるかもしれません。

 

東京に住みたいが都心は高くて住めない、都心の喧騒から離れたいと思っている方、一度魅力満載の東京都町田市を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

都内の引越し料金相場はいくら?【だいたいこのくらいです!】

 

引越し一括見積もりなら面倒なしで安い業者が見つかります!