国立市の魅力について

東京都国立市は東京都の多摩地域の中でも最も住みやすい、生活しやすい街だと言えます。

 

東京都国立市は一橋大学をはじめとした文教地区なので、学生が多く、駅前も賑やかです。駅から放射状に道が構成されているので、どこへ行くにもわかりやすいという利点もあります。

 

また、多摩地域の高級住宅街だけあって、あえて東京の中心部ではなく、中心部から離れた緑豊かな国立市に住むという芸能人も多く、街で見かけることも実は多いです。

 

駅前の桜並木は春の季節、とても美しく、たくさんの人が訪れます。その桜並木の両側に位置する一橋大学のキャンパスには、普通に、犬を連れて散歩する人がいたり、ここの大学を中心として、ガリレオなどの映画のロケが行われていたりします。

 

>>>部屋探しと入居まで|東京都内の賃貸新居探しと引越し

 

アニメでは、おおかみこどもの雨と雪で大学だけでなく、国立の風景そのものが描写されていました。また、11月には大学祭があり、国立市の街そのものもそれと一緒にイベントをしたりするので、大学も街に溶け込んでいるだけでなく、街の一つのシンボルとなっており、まちづくりがうまくいっていることがわかります。

 

紀伊國屋や三浦屋といった高級スーパーのほか、おしゃれな雑貨やレストランなどもあり、わざわざ都心に出向かなくても十分事足りるいう良い面もあります。国立は立川も近いので、伊勢丹や高島屋といったデパートにも気軽に出かけることができます。

 

その他、国立市には駅前に自転車置場が整備されているので、自転車で駅まで赴いて都心にアクセスすることもできます。また、先ほどお話した桜並木には自転車専用道が設置されているので、自転車でお散歩というのも気兼ねなくできます。もちろん、桜並木を気兼ねなく歩くこともできるのは他にはない魅力です。

 

都内の引越し料金相場はいくら?【だいたいこのくらいです!】

 

引越し一括見積もりなら面倒なしで安い業者が見つかります!