稲城市内での引越し経験談

はじめてのひとり暮らしで稲城市内で引越し

転職と、昔から一度は家を出るようにと親から言われていたため引っ越しました。

 

もちろん、私自身もひとり暮らしにあこがれがあったのですが、仕事が忙しすぎて無理だったため、転職を機にようやく、といった具合です。引っ越したのは2009年5月中旬の平日です。

 

実家から2Kのアパートへ引っ越したのですが、都内稲城市内の引っ越しだったため、特に業者には頼みませんでした。

 

もともと荷物は少なく、ものを増やしたくない性格なので、必要最低限の衣類や生活用品、雑貨、小さな本棚ひとつを実家の車を借りて運びました。何度も往復はしましたが、業者に頼むよりは手間はかかってもお金はかからないのでよかったと思います。冷蔵庫や洗濯機などの家電や、ベッドなどの大きな家具は、お店から直接アパートへ配送してもらったので、特に困ったことはありませんでした。

 

>>>引越し一括見積もりなら面倒なしで安い業者が見つかります!

 

東京都7つの市民が利用する中央図書館のある稲城市

東京都多摩地域南部に位置する稲城市は、西南約25キロに広がる市です。

 

多摩川右岸に位置し、古くから農協が盛んな地域です。関東ローム層が蓄積する市は、現在に至るまで14か所に旧石器時代遺跡が発見されています。

 

市に隣接する自治体は、東部には多摩区と神奈川県川崎市があります。北部に隣接する市は、府中市と調布市の2市があります。西部には多摩市、南部には麻生区と川崎市があります。

 

稲城市の人口は2010年現在で84811人です。世帯数は2007年現在で33520世帯あります。夜間人口は76394人で、昼間人口に比べて約0.7倍になります。

 

役所は稲城市役所があり、出張所には平尾出張所と若葉台出張所の2つの出張所があります。市の警察署は東京都多摩中央警察署が管轄しており、矢野口交番をはじめ5つの駐在所があります。

 

医療機関には市立病院と市立病院附属坂浜診療所があります。福祉制度は稲城市介護支援ボランティア制度があります。この制度は、2007年9月に全国初の介護支援ボランティア制度を導入しました。

 

>>>部屋探しと入居まで|東京都内の賃貸新居探しと引越し

 

市内にある中央図書館は、第一図書館をはじめ5つの分室に分かれており、市民だけでなく東京都八王子市と府中市、調布市をはじめ7つの市と神奈川県川崎市に在住する方が利用することができます。

 

市内にある稲城中央公園総合グラウンドには、4種類の日本陸上競技認定公認グラウンドが設置されており、日本女子サッカーチームと日本フットボールリーグの公式戦に利用されています。

 

稲城市の教育機関には、駒沢女子短期大学があります。専門学校には、東京南看護専門学校があります。

 

鉄道はJR南武線が開通し矢野口駅をはじめ3つの駅があります。名所には新東京百景に選出される弁天洞窟があります。

 

都内の引越し料金相場はいくら?【だいたいこのくらいです!】