東京都日野市ならではのイベントや見どころ

日野市は東京都のちょうど真ん中辺りにある、18万人ほどの市民が住む地域です。東京都日野市では、年に様々な催し物が行われており、東京都内や近隣の県からたくさんの観光客が訪れます。

 

「ひの新選組まつり」は、新撰組に所属していた地元出身の土方歳三や井上源三郎、新撰組の後援者である日野宿名主・佐藤彦五郎にあやかって、1998年から行われているお祭りです。元は日野市で秋に行われる別のお祭りと一緒に行われていたものですが、現在では土方歳三の命日である、毎年5月に開催されています。

 

お祭りの見せどころは、総勢400名にもなる新選組隊士パレードです。隊士の衣装をまとった人々が、市内を練り歩きます。隊士として参加するには、市民でなければいけない決まりはなく、市外の人や全国各地からの参加も可能です。

 

パレードに参加した隊士の中から頂点を選ぶ、ユニークなコンテストも楽しみの一つになります。開催中には、日野中央公園内にフリーマーケットといった、たくさんのお店が並びますので、飽きることなく楽しめるでしょう。また、新撰組の近藤勇と関係が深い日本の古武道・天然理心流のパフォーマンスを見ることができるのも、貴重といえます。

 

>>>部屋探しと入居まで|東京都内の賃貸新居探しと引越し

 

この他にも、日野市には見どころがいっぱいです。東京都内を流れる多摩川は、日野市内からも訪れることができます。江戸に住む人々の生活を支えていた多摩川は、高度経済成長と共に、工場や生活排水の影響で濁り果てた川となってしまいましたが、現在は設備が整えられたこともあり、徐々に本来の美しい川へ蘇りつつあります。

 

魚や草花、野鳥など、豊かな自然を楽しめるウォーキングコースとして、日野市内の多摩川の土手沿いを散策するのもおすすめです。

 

都内の引越し料金相場はいくら?【だいたいこのくらいです!】

 

引越し一括見積もりなら面倒なしで安い業者が見つかります!