東京都多摩地域北部に位置する東大和市

東京都多摩地域北部に位置する東大和市は、第二次世界大戦中今の桜ヶ丘に軍需工場のあった市です。

 

戦後連合国軍最高司令官総司令部の総称であるGHQにより大和駐屯所が建設されましたが、返還された現在は公園や教育施設や福祉施設があります。

 

空堀川と奈良橋川の2つの河川が流れる市は、農地から宅地の転用により人口が年々増加しています。人口は2010年現在で83073人います。夜間人口は79228人で、昼間人口に比べて約0.81倍になります。

 

隣接する自治体は、東部では東村山市と西部には武蔵村山市があります。南部に隣接する自治体は、東京都立川市と小平市の2市があります。北部には埼玉県所沢市と隣接します。地域には芋窪や清原、桜ヶ丘をはじめ17つの地域があります。

 

1889年4月町村制施行の際に神奈川県北多摩郡清水村と狭山村をはじめ6つの村が村町組合を結成し高木外五ヶ村組合を細臆しました。1919年11月組合の各村が合併し大和村になります。1943年7月に東京府から東京都に変更してから11年後に大和町になりました。1970年市制施行され現在の東京都東大和市になりました。

 

>>>部屋探しと入居まで|東京都内の賃貸新居探しと引越し

 

衆議院小選挙区では東村山市と清瀬市など5つの市を含める東京20区に属します。都政は東村山市をはじめ3つの市を含めた北多摩1区になります。東大和市の特産品は、市内で3軒のお茶農家が生産する狭山茶と多摩湖梨です。東京りんごブランド発祥の市でもあります。

 

鉄道路線には西部排島線東大和市駅を開設しています。多摩都市モノレールは上北台駅と桜街道駅、玉川上水駅の3つの駅を開設しています。市内には青梅街道と新青梅街道、芋窪街道の3つの街道が通っています。

 

都内の引越し料金相場はいくら?【だいたいこのくらいです!】

 

引越し一括見積もりなら面倒なしで安い業者が見つかります!