東村山市の引っ越しをした方の経験談

福生市から東村山市へ引越し

お引越しの動機は同居をしている彼が今住んでいる所は私の実家から距離があり寂しい思いをしているだろうという事でお引越しを決めました。

 

元々私と彼、犬一匹で暮らしていてお部屋の広さは2DKでした。お兄ちゃんの結婚式で出会った不動産屋さんに6月は梅雨で入れ替わりも少なく大家さんがサービスしてくれる可能性が高くなるという事で6月中に新しい家に入居を決めました。

 

彼は建設業なので日曜日の1日で引越しを済ませることにしました。東京の福生市から東村山市へのお引越しで節約をするため業者には頼まず車で何度か往復をする予定でしたが彼の会社の方がダンプを出してくれることになり一回で引っ越しが完了しました。男3人でとても引っ越しがスムーズに終わりとても感謝しました。

 

>>>引越し一括見積もりなら面倒なしで安い業者が見つかります!

 

東京都の東村山市はどんな街?

1964年に、新たに市として誕生した東村山市。以前は東村山町、さらにさかのぼると東村山村という歴史を持ちます。

 

時代をたどると鎌倉時代には、久米川宿を中心とした宿場として栄えていたようです。市制として出発したのちは、新青梅街道や武蔵野線が開通したことも手伝い、ベッドタウンとしての開発が進みました。それに伴い都営住宅なども整備され2014年の総人口は約152,000人となっています。

 

西部には丘陵がみられますが、東村山市の大半は武蔵野台地と呼ばれる平地で形成されています。その為、市制以前の主要産業は畑作となっており、サツマイモや現在ではナシなどの生産が目立ちます。

 

交通事情で特徴があるのは、国道が取っていないという点です。道路交通のメインとなるのは、複数通っている主要地方道となります。その為かどうしても一本道を間違えると、難しいという道路がたくさんあります。それに代わってこの東村山市には西武新宿線、国分寺線、拝島線、多摩湖線、西武沿線といった線路が走っています。駅の多さも特徴です。

 

>>>部屋探しと入居まで|東京都内の賃貸新居探しと引越し

 

駅周辺は繁華街となっており栄えているという印象がありますが、なんといっても駅前、そして田園風景が広がる郊外とは印象が違います。東京都心部へのアクセスの良さが、住居を構えるにあたって魅力的という点があります。新宿辺りまでは30分から40分という状況です。隣の埼玉県所沢へのドライブも快適で、狭山公園からの多摩湖の眺めはとても気持ちいスポットです。

 

自然が多く残っているのに東京都だという所から、東京都のオアシスと市ではアピールしているようです。東村山浄水場を有し、東京都民へ貴重な水の供給を行っているまちでもあるのです。

 

都内の引越し料金相場はいくら?【だいたいこのくらいです!】