港区で引越した方の経験談

港区の1LDKに引越す

2013年の終わりに東京都の港区内で引越しをしました。
仕事のために住んでいた六本木ですが、転職に伴い芝への引越しです。騒がしかった繁華街と大きく変わる雰囲気で住みやすい街だと思います。

 

六本木に住んでいた時は一人暮らしだっためワンルームでしたが、新しい住居では1LDKの家に引っ越しました。当時付き合っていた彼女と一緒に住むためでした。

 

引越しした時期は2013年12月の最初の土曜日です。

 

一人暮らしの引越しなので、経験者の知人から安いと言われて紹介されたフクフク引越しセンターを選びました。

 

ダンボールのMサイズを10個、ハンガーボックス3個、布団袋1個で基本料金18,000円、移動料金1,000円、ハイコン料金3,000円、保険料1,000円、CP値引き1,900円で合計税込22,200円でした。見積もり通りで追加料金はありませんでした。

 

特に良くも悪くもない対応の”程よいサービス”で安くて満足です。スムーズに引越しすることが出来たので値段も含めて満足です。

 

引越し一括見積もりなら面倒なしで安い業者が見つかります!

 

東京都23区港区の魅力に触れる。

大江戸線、麻布十番駅の階段を上がると、東京都23区でも「都会のど真ん中」に位置する、港区を東西に伸びる環三通りに出ますが、その脇にあるのが稲荷神社、大勢のカエルさん達が笑顔でお出迎えです。

 

東京都23区にあって、麻布十番は、長い歴史に裏打ちされた商店街として有名ですが、歴史の生き証人とも言える、のれんを守り抜いた、お蕎麦屋さん、かりんとう、たい焼き屋さん達が軒を連ねている。港区麻布十番商店街は、楽しいひと時を約束してくれる、独自の文化を維持継承している魅力溢れる街です。

 

その中にあって、環三通りを通過し、麻布十番通りの角を曲がり、オーストラリア大使館に通ずる、暗闇坂の手前に位置する、食事処の秋刀魚は、焼き加減と、前身が魚屋さんであるだけに、魚介類に対する拘りを感じさせる、その味は絶品である。と、お勧めいたしますので、機会がありましたらお試しいただきたく思うのです。

 

>>>部屋探しと入居まで|東京都内の賃貸新居探しと引越し

 

さて、港区麻布十番にはもう一つの歴史が潜んでいるのです。それが、雑式通りに面した公園、「パテイオ十番」にひっそりと佇む、みきちゃん像です。みきちゃんとは、誰もが知っていると言っても過言ではないと思える、野口雨情の「赤い靴」に登場し、異人さんに連れられて行っちゃった、その主人公である、「岩崎みき」その人の像です。

 

実は、みきちゃんは、異人さんに連れられて行かなかったのです。その真相は、母と別れ、アメリカ人宣教師チャールズ・ヒュエット夫妻の養子となったのですが、その後ヒュエット夫妻とも別れ、大病を患い、先の麻布十番駅の脇にある稲荷神社にあった、女子を収容する孤児院に収容され、幸せ薄い九歳の生涯を終えたのです。

 

外国の歴史文化の窓口であった横浜と、横浜の港から旅立ったとされる、この物語が一筋の糸で結ばれている。東京都23区の内にあって、麻布十番は、不思議な空間を体験できる、もう一つの顔を有するのです。

 

都内の引越し料金相場はいくら?【だいたいこのくらいです!】

港区に引越したい!@部屋探し【マンション・アパート不動産賃貸はココ!】関連ページ

渋谷区
足立区
荒川区
江戸川区
葛飾区
北区
江東区
大田区
品川区
杉並区
墨田区
台東区
文京区
千代田区
中央区
板橋区
目黒区
中野区
練馬区
世田谷区
新宿区
豊島区