江東区の引っ越し経験談

結婚のため江東区内の2DKに引っ越し

私は結婚と同時に夫婦二人暮らしでやっていくために、彼の実家から近い土地へと引越しをすることを決めました。

 

実家暮らしだった私と彼ですが、彼の家から引越し先はそう遠くなく、車で30分圏内の東京都江東区から同じく江東区への引越しでした。

 

間取りは2DK。2016年3月頃からこつこつと荷造りや視察をし、いざ入居!となったのですが、夫婦揃って荷が多く、逆に家電などは一切なかったため、大忙しでした。

 

引越し業者は使わないでやってみようと決めていたので、主に祝日、たまに平日にもこつこつと互いの実家から荷運びをしていました。

 

自力で引越しをしてみて、やはり引越し業者さんのありがたさというか、とても大切なことなんだなあと実感し、また夫婦二人暮らしで家電なども増えたため、次回からはきちんと引越し業者さんに依頼をしよう!!と、感じた引越しでした。

 

>>>引越し一括見積もりなら面倒なしで安い業者が見つかります!

 

東京湾の埋め立てによって発展を続けてきた江東区

江東区は水運都市である東京都23区内らしく、水に恵まれた地域です。区域は大まかに分けると、荒川と隅田川の間になります。江東区のほぼ中央を横断しているのが総武本線で、亀戸駅や平井駅があります。総武線はこの地域にとっては、東京都と千葉県を結ぶ大動脈として重要です。

 

荒川の右岸側を流れる旧中川は、江戸川区との境となっています。旧中川はかつての中川の本流ですが、荒川放水路によって分断されています。今でも蛇行した流れが残る旧中川は、河床勾配が緩い荒川低地を流れて上流の土砂を運んで沖積低地を作ってきました。

 

東京都23区の中で埋め立てによって土地が年々広くなっている場所としては、江東区が代表的です。荒川放水路は人工の川で、海沿いの地形は埋め立てで作られたものです。分厚い堆積層がある低地にありますから、地盤はゆるいのが特徴です。
また、海抜が0メートルの場所が大半となっているため、水害に対する備えが万全でなければならない地域です。

 

東京都23区内では、ゴミの処分場を建設するために埋め立てを繰り返すことで、土地を広げてきました。埋め立て工事は、江戸時代から続くものですから、太田道灌の時代から見れば大幅に地形が変わっているのです。

 

>>>部屋探しと入居まで|東京都内の賃貸新居探しと引越し

 

江東区には夢の島というゴミ処分場がありましたが、現在では広大な公園として整備されているため、かつては汚いと言われたゴミ処分場であった面影は残っていません。

 

夢の島からさらに南へと進むと新木場という地区があります。江戸時代からの貯木場であった木場に変わる場所として整備されることになったため、新木場という地名がつけられています。新木場という埋め立て地において貯木場としての機能を受け継いで、東京の産業を支えています。

 

都内の引越し料金相場はいくら?【だいたいこのくらいです!】

江東区に引越したい!@部屋探し【マンション・アパート不動産賃貸はココ!】関連ページ

渋谷区
足立区
荒川区
江戸川区
葛飾区
北区
大田区
品川区
杉並区
墨田区
台東区
文京区
千代田区
中央区
板橋区
目黒区
港区
中野区
練馬区
世田谷区
新宿区
豊島区