板橋区の引っ越し経験者の体験談

江東区から板橋区へはじめてのひとり暮らしのため引っ越し

私は、就職を機に引っ越しをしました。その会社が遠い場所にあったため、少しでも通勤時間を短くしようと思ったのが、引っ越しを決意した動機です。これまで実家暮らしだった私にとって、初めての一人暮らしとなります。新居は1Kタイプで、築20年以上、家賃6万円のところです。

 

実際に引っ越したのは、2014年3月の平日です。大学の卒業式を終えて間もなくの頃でした。都内の江東区から板橋区への引っ越しでした。

 

実は私は引っ越し業者を頼んでいません。引っ越し代金を節約するために、家族・友人の手を借り、自分たちで引っ越しを行いました。実家にある軽トラックに荷物を積み込んで、実家と新居を何往復かしました。これが大変でした。とにかく疲れます。

 

重い荷物をトラックからおろし、そのまま階段を上って、新居に積み込む作業で、腕はすぐに痛くなり、疲労困ぱいでした。

 

引越し一括見積もりなら面倒なしで安い業者が見つかります!

 

東京都23区北部に位置する板橋区

板橋区は東京都23区の中で北部に位置します。埼京線の駅に板橋駅があるので名は知られていますが、他にも三田線が北に向かって伸びているので利用者はとても多いです。

 

板橋区は数十年前に団地が流行したころに、高島平に出来た高島平団地がとても有名です。都営三田線は目黒方面から高島平方面に伸びていますが、東京駅に直結している大手町を過ぎると、JRに交わる駅は巣鴨駅、そして新板橋駅は一度外に出て多少の距離を歩きますが、JRの板橋駅に乗り換えられます。

 

このJR板橋駅は埼京線で短時間で新宿や池袋、また逆方面では埼玉県の浦和にも行けるので非常に便利です。都営三田線の欠点をあげるとすれば、高島平駅の次駅が新高島平、そしてその次が終点の西高島平で他の線と交わっていないことです。

 

>>>部屋探しと入居まで|東京都内の賃貸新居探しと引越し

 

 

そこから少し歩けば埼玉県の和光市であるにも関わらず、電車で接続されていないので板橋区は東京都23区の果て、というイメージがとても強いです。高島平団地は以前のような盛り上がりはなく人口の高齢化が進み、ますます新たな開発計画などはなかなかまわってきません。

 

しかし荒川を渡れば埼玉県の戸田市に入れます。その距離すぐなので橋を渡るだけで東京から埼玉県に行けるというのはとても魅力的です。都営三田線に板橋区役所前駅があり、その名の通り板橋区の区役所があり、その近くには昔ながらの商店街があってとても興味深いです。

 

板橋区は東京都23区の中ではオフィス街などの大都会とは違う雰囲気がありますが、この商店街はコーヒー豆を売る店やオーダーメード出来る印鑑屋さん、なつかしい味のするコロッケやハムカツを売るお肉屋さん、手作りパン屋さんなどの少しホッと出来る景色が続いています。

 

都内の引越し料金相場はいくら?【だいたいこのくらいです!】

板橋区に引越したい!@部屋探し【マンション・アパート不動産賃貸はココ!】関連ページ

渋谷区
足立区
荒川区
江戸川区
葛飾区
北区
江東区
大田区
品川区
杉並区
墨田区
台東区
文京区
千代田区
中央区
目黒区
港区
中野区
練馬区
世田谷区
新宿区
豊島区