文京区の引っ越し経験者の体験談

東京都江東区から文京区に単身引越し

引越しの動機は、住んでいたマンションのいくつかの部屋が民泊になってしまい、マナーの悪さにうんざりし、治安上も不安に感じたため急遽引越しを決めました。単身世帯、1Rから1K、東京都江東区から文京区に引っ越しました。時期は2016年12月です。

 

引越し業者さんは、サカイ引越センターさんでした。なぜサカイさんを選んだかというと、所持しているクレジットカードの提携先で安く契約できるということをHPで調べたからです。見積もり金額は37800円、実際に支払った金額も同額です。

 

当日来た作業員は2名、20代〜30代前半の若い方でした。元気がよく、テキパキ作業してくださったので、運び出してから搬入し終わるまで、移動時間も含めて3時間かかっていません(平日)。すごく丁寧…というわけではないですが、そんなに高い家財もなく、早くて直前に申し込んだわりに安いという点ではとても満足しています。

 

東京都23区の文京区は江戸時代から学問が盛んな地域

東京都23区の文京区は武蔵野台地のうちの本郷台地を中心とする地域です。上野の不忍池の西側にある急峻な場所が本郷台地ですが、東京大学や根津神社などがある地域としても有名です。

 

本郷台地を不自然な形で切り裂くように流れているのが神田川ですが、この川は江戸時代初期に本郷台地を切り通して開削された人工の水路です。

 

文京区という区名からも分かるように、この地域は東京都23区内の地域でも特に学問が盛んです。東京大学があるだけでなく、多くの教育機関があります。江戸時代には学問の中心地であった湯島聖堂があることでも有名です。

 

湯島聖堂の北側にある神田明神は、正式には神田神社と呼ばれ、江戸の総鎮守とされる格式を持っていました。現在でも幅広い人たちからの信仰を受ける神社で、門前名物の甘酒も有名です。神田明神の付近の地形は特に複雑で、神田川の聖橋から歩いてくれば高低差があることがよく実感できます。

 

>>>部屋探しと入居まで|東京都内の賃貸新居探しと引越し

 

文京区といえば、野球ファンにとっては東京ドームがあることでおなじみです。東京ドームが完成する前は、後楽園球場があり、読売巨人軍の本拠地として長く親しまれてきました。東京ドームは、建物や山などの面積の例えとしてよく用いられる存在ですが、かつては後楽園球場10個分などという表現も使われていました。

 

文京区は東京都23区の地域で地名どおりの文教都市として、幅広い貢献をしてきました。東京大学には象徴的な赤門があり、自然も豊かなキャンパスがあります。日本の学府の最高峰として明治時代からの歴史を積み重ねてきたのです。東京大学を志望する学生も多く、入学するには大変な苦労をするものです。受験や卒業の季節ごとに東京大学では様々な人間ドラマを見ることができます。

 

都内の引越し料金相場はいくら?【だいたいこのくらいです!】

 

引越し一括見積もりなら面倒なしで安い業者が見つかります!

文京区に引越したい!@部屋探し【マンション・アパート不動産賃貸はココ!】関連ページ

渋谷区
足立区
荒川区
江戸川区
葛飾区
北区
江東区
大田区
品川区
杉並区
墨田区
台東区
千代田区
中央区
板橋区
目黒区
港区
中野区
練馬区
世田谷区
新宿区
豊島区