東京と高知の引越し 料金はどのくらい?その相場と目安は?

引越し慣れしている人にとっては、だいたいの料金の相場が頭に入っているので、どの業者を選んだらよいのか、すぐに結論を出すことができるでしょう。

 

しかし、引越しに慣れていない人や、東京−高知間のように、これまでよりも長距離の移動となるケースでは、見積もり料金が適正なものなのかどうか、判断できずに困る場合もあるでしょう。

 

東京−高知間の引越しで5〜6社の料金見積もりを取って、料金もサービス内容もそれほど大差ない場合には、あまり困らないでしょうが、やっかいなのは見積もり料金にあまりにも差がある場合です。

高過ぎても安過ぎても問題があるのではないかと不安になり何を基準に選んだら良いか悩んでしまうことでしょう。

 

こういった場合は、仕事関係で東京−高知間の引越しを経験している人がいないかどうか探してアドバイスをもらいましょう。もし周りに東京と高知間の引越し経験者がいないようであればインターネットを活用するのが良い方法です。

インターネットでは東京と高知間に限らず、日本中の引越しについて気軽に見積もり料金を取ることができるサービスを提供しているサイトがあります。こういったサイトのサービスを利用すれば、瞬時に見積もりが出せますし、それぞれの業者のメリットやデメリット、特別なサービスなども併せて見て比較することができるので大変便利です。自分にとって必要なサービス内容をしっかりと見極めて、満足できる業者を選びましょう。

 

私が独自で調べた結果ですが、東京⇔高知の引越し料金の相場は、

  • ファミリー20万円程度
  • 一人暮らしなら12万円程度

です。荷物の量によって料金は激しく変わりますので、
見積もりを取って業者の料金とサービスを必ず比べてみましょう!

東京の引越し

 

 

 

 

 

地方のメリット/都心のメリット

「地方に住む人にとって、地方の良いところって?」 こういう聞き方をすると少し失礼ですが、一般的に便利と言われる東京、名古屋、大阪などの大都市圏。一方で地方に住むメリットは何なのか?もちろんメリットを求めたわけでなく、両親の介護や転勤など、やむを得なく地方へ越す理由もあるかもしれません。しかし単純に田舎暮らしに憧れて高知県に転居する方もいます。

 

インターネットが普及したことで、仕事においても必ずしも都市圏に住んでいなければならない制約はありません。それは地方本社の企業にとっても同じで、今や東京に本社を出さなくても良いという風潮さえあります。都心の人に言わせれば、おそらく都心の良いところを並べ立てるでしょう。でもそういったことは、地方にメリットを感じる人にとっては、逆にデメリットである場合さえあります。

 

では逆に都心に住むメリットを考えましょう。交通の便や飲食店が多いなどはもはや当たり前ですよね。ここでは子供目線で考えてみましょう。まず、教育施設に関していうと圧倒的に都心が多いです。ニュースでも取り上げられているように過疎化の波はすさまじく、廃校する小学校が都心でさえ出て来ています。文化施設、スポーツ施設においても、子供の感性を刺激するものは都心のほうが多いように感じます。一方で地方には自然があります。TVゲームに頼らない遊び場がたくさんあります。橋桁から川に飛び込んだりできるのは、キレイな川の流れる地上都市だけです。

 

ただそれらが子供にとってどういった影響を及ぼすのかはなかなか掴めません。都心と地方、親目線で考えるのも良いですが、子供に聞いてみるのもいいのかもしれませんね。


 

オトクな引越し業者探しはコチラから!

東京−高知の引越しはどのくらい費用がかかる?関連ページ

愛媛
徳島
香川