1. TOP
  2. 湯島・本郷

湯島・本郷

訪れてみたい   75 Views

湯島・本郷は江戸時代には武家屋敷が大半を占めていたそうですよ。明治時代になって加賀藩屋敷跡に東京大学が開校しました。東京大学の赤門は文政10年に建設されたもので、大学内では一番古い建物だそうです。
東京大学に通学するのはムリでも構内を見ることができます。現役の学生がキャンパス構内を案内してくれるキャンパスツアーが行われています。ツアーに参加するにはホームページから予約が必要です。
湯島・本郷は樋口一葉や石川啄木などの文人が居住を構えた街として有名です。菊坂周辺に樋口一葉旧居跡があります。


約三年、母と妹と三人で暮らしていて、このときに『闇桜』『うもれ木』を生み出したそうです。近くには一葉が家計のやりくりに通った質屋(旧伊勢屋質店)があります。
毎年11月23日の一葉忌には内部を無料で公開しています。居住跡には一葉が使った井戸なども残っていて暮らしぶりが偲ばれます。
東大附属病院から不忍池に向かう無縁坂は森鴎外が著した『雁』の舞台となったことで有名な坂です。多くの文人たちが愛した街を歩きながら当時の暮らしぶりに想いを馳せたいですね。
湯島といえば湯島天神です。湯島天神は天皇二年(458)雄略天皇の勅命で創建されたという古社です。学問の神様、菅原道真公を祀っていて受験シーズンには受験生が多く訪れることでも有名です。
湯島天神の境内には約300本の梅の木が植えられていて、2~3月には梅まつりが行われています。
旧岩崎邸庭園は三菱財閥三代目総帥の本邸でした。明治29年に完成した当時は20棟以上の建物があったそうですが現在は洋館・ビリヤード場・和館の3棟のみとなっています。
残っている建物は贅沢な造りとなっていて当時の岩崎家の暮らしぶりが偲ばれます。旧岩崎邸庭園は敷地全体が国の重要文化財に指定されています。
東京大学弥生門近くに弥生美術館・竹久夢二美術館があります。弥生美術館は挿絵画家の高畠華宵の作品を紹介しています。併設されている竹久夢二美術館では夢二の作品を常時200点展示しています。
湯島・本郷は多くの文人が愛した街で、今は未来の日本をリードする若者が通う街です。

\ SNSでシェアしよう! /

東京の街-住みたい・暮らしてみたい・訪れてみたい街の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

東京の街-住みたい・暮らしてみたい・訪れてみたい街の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 下北沢のアパート 訳あり物件の話「ヤバい物件は階段が・・・」

  • 柴又

  • 谷中・根津・千駄木

  • 京王井の頭線沿線 渋谷・神泉の駅チカ物件、踏切近くのアパート

関連記事

  • 築地

  • 原宿

  • 入谷・根岸・三ノ輪

  • 御茶ノ水

  • 東京駅周辺

  • 両国