1. TOP
  2. 柴又

柴又

訪れてみたい   46 Views

june (235)葛飾柴又は『男がつらいよ』の舞台として有名な地ですよね。柴又には京成電鉄金町線柴又駅で下車します。柴又駅を降りると寅さんの等身大銅像が出迎えてくれますよ。
寅さんの妹達が経営しているだんご屋のある通りが帝釈天参道です。
柴又駅から帝釈天まで約200m続く参道で、通りの両端にはだんご屋、せんべい屋、飴屋など約40店が軒を連ねています。参道のお店で買ったものを食べながらブラブラ歩いていると柴又帝釈天にたどり着きます。

 
柴又帝釈天の正式名称は経栄山題経寺(きょうえいざんだうきょうじ)といいます。帝釈堂回廊の彫刻は古の職人技が文字通り刻まれています。

 
本尊の帝釈天は一時行方不明になっていましたが庚申の日に発見されたことから60日ごとの庚申の日が縁日になりました。縁日と聞くだけでワクワクしますね。

 


寅さんと聞いて外せないのは葛飾柴又寅さん記念館ですね。ジオラマで虎さんの生い立ちが再現されていたり、映画の名場面などが紹介されています。

 

 
映画のセットや渥美清さんのインタビュー映像などもあって寅さんのすべてがわかる記念館となっています。

 

 
柴又は寅さんオンリーのような感じがしますが葛飾区山本亭という大正末期に建てられた美しい邸宅があります。

 

 
伝統的な書院造りと洋風建築が融合した建物です。約400本の樹木が植えられている日本庭園もあります。日本庭園を通って寅さん記念館に行けますよ。

 

 
建物のなかで抹茶やぜんざいなどを食べられます。ふすま絵や日本庭園を見ながらいただく抹茶は「優雅」としか表現の仕様がありません。
江戸川に向かって行くと矢切の渡しがあります。都内に現存する唯一の渡し場です。船の定員は30名で人数が集まればその都度出発します。柴又と松戸市を約5分の船旅です。

 

 
渡し船は悪天候のときなどに運休となるので乗船を考えている時は天気が良くなることを祈りましょう。

 

 
柴又は下町ののどかな雰囲気で寅さんの世界そのもの街になっています。

\ SNSでシェアしよう! /

東京の街-住みたい・暮らしてみたい・訪れてみたい街の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

東京の街-住みたい・暮らしてみたい・訪れてみたい街の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 下北沢のアパート 訳あり物件の話「ヤバい物件は階段が・・・」

  • 柴又

  • 谷中・根津・千駄木

  • 京王井の頭線沿線 渋谷・神泉の駅チカ物件、踏切近くのアパート

関連記事

  • 入谷・根岸・三ノ輪

  • 原宿

  • 等々力

  • 東京スカイツリー周辺

  • 浅草

  • 新橋