東京⇔佐賀 どのくらい引越し料金が掛かる?

東京と佐賀の間の引越しを予定している人は、これまでと生活環境がガラリと変わることを不安に思っている人も多いでしょう。

 

東京もしくは佐賀での新生活を始めるにあたっては、いろいろと出費もかさみます。ここでは、東京と佐賀の間の引越し料金をできるだけ安く済ませることができる方法について、お話しましょう。

 

引越し料金は、東京〜佐賀間という長距離であればあるほど、その料金差が大きくなりがちです。

 

というのは、このような長距離を大手であれば、すべて自社のドライバーや作業員が担当することが可能ですが、そうでない場合は、東京か佐賀のいずれかのエリアで下請けしてくれる業者を探さなくてはなりません。そういったケースでは、提示される料金の中で引越し業者が得る利益が少なくなるため、トータルの料金が上がる可能性があります。

一方、全国にネットワークを持っている大手の引越し業者なら、全ての行程を自社でまかなうことができるため、作業員全員が同程度の教育を受けていて作業の仕方なども、ある程度以上の水準を保っていると言えます。

 

その分大手はテレビコマーシャルなどの宣伝費や多数の事務所を存続させるための経費などがかかるため、料金は高めになることが多いようです。

自分にとっての物事の優先順位をしっかりと決め、総合的に業者の質と値段について判断しましょう。多少、値段が高くても、信頼できて気持ちよく作業してくれる業者なら、結果的に満足のいく引越しができるはずです。

 

とはいえ何も目安が無いと困ると思いますので、独自に調べた東京⇔佐賀の引越し料金の相場をお伝えします。

  • 1人13万円前後
  • 2人22万円前後
  • 3人30万円前後

 

上記の代金は目安です。荷物の量やアクセスの関係で変わりますので、参考までに覚えておいてください。

この目安料金をもとによりたくさんの業者の見積もりを比較すれば最も安くやってくれるところが必ず見つかります!

東京の引越し

 

 

 

 

 

東京⇔佐賀県間の単身赴任の引越しの場合の手続きはどうするべき?

東京⇔佐賀県間の引越の手続きについて基本となることには触れていきましたが、それ以外にも疑問に思うことはたくさんあるでしょう。そこで、疑問点として挙げられる項目の中でしばしば見受けられるものについて説明していきたいと思います。 引越は家族ですることが多いですが、中には、仕事の関係上誰か一人が単身赴任するということもあり得ます。その場合、手続きはどうすればよいのでしょうか?

 

単身赴任の際に、必要な手続きは家族で引越をする際に行う手続きとあまり変わりません。単身赴任前に行う手続きは、「転出届」「電力」「水道」「印鑑登録破棄」など別項目の「引越前に行う手続き」に挙げられているようなものばかりですが、長期的な単身赴任の場合は、「住民票」を引越先に移す必要があります。なので、赴任前に市町村役場で住民票を数枚発行してもらいましょう。地域によって住民票が何枚必要か異なってくるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

 

単身赴任後に行うことは、「転入届」を始め、「住所変更手続き」「運転免許証」「自動車の登録」「郵便局への転送願」などです。運転免許証や自動車の登録は引越先の管轄になっている警察署と陸運支局で行います。これについての詳細は次項目において説明をします。郵便局への転送願ですが、こちらは郵便局の窓口で行います。その際は、本人であることを確認できる身分証明書を持参してください。また、郵便窓口に行けない場合は、転居届用紙をポストに投函する方法とインターネットで手続きする方法のどちらかで行いましょう。


 

オトクな引越し業者はコチラから!

 

東京−佐賀間の引越し:安い業者を探せる見積もり比較はコレ!関連ページ

福岡
長崎
宮崎
熊本
大分
鹿児島