東京⇔福岡の引越し料金はどのくらい?

東京と福岡間の引越し、できるだけ引越し料金を安く抑えたいと考えている人で、時間に余裕がある場合は、引越しをする時期について検討することをお勧めします。引越しにはある程度「季節感」があり、春や秋の移動シーズンは、引越しをする人の数が増えるため、その分、料金が高くなる傾向があります。

 

そのため、もし料金を安くしたいのであれば、この時期を少しずらすことで、割引料金になることがあります。

また、東京や福岡のような大都市間の引越しであれば、東京と福岡の両方に強いネットワークを持っている中小企業レベルの業者を探すことも可能でしょう。東京と福岡に拠点を持っている業者であれば日程的な自由度が高まるため、お客さんが減る日時を選べば料金が安くなります。

これは、週末を避けて平日を選ぶといった曜日的なことだけでなく、時間に関しても同様です。東京と福岡の両方の都市に作業員が常駐している業者であれば、荷物の積み込みと下ろす時間を指定せず「時間が空いた時」とフレキシブルに指定することで、料金が安くなります。この時間の指定の仕方で値段が安くなることについて知らない人は意外と多いようです。

東京や福岡では引越しをする人も業者も多数いますので、その合間を上手に縫うことで、安くなるというわけです。

 

ただ、仕事の都合などで時間的に余裕がない人はこういった手法を使おうとすると、予定通りに作業が終わらず、仕事に影響をきたす恐れがありますので、注意してください。

 

具体的な目安になる引越し料金は、東京⇔福岡の引越し料金としては

  • 単身10万円
  • 家族で30万円

を目安にしてみてください。かなりザックリとしていますが、肝心なことは引っ越し予定日に安くやってくれる業者は、見積もり比較をしてみないと分からないということです。

東京-福岡県間の引越し口コミ情報


無料でたくさんの引越し業者から見積もりを取得できるサービスがありますので利用するのが吉です。

東京の引越し

 

 

引越業者は月末と月初めどちらが忙しくて、値段はどうなる?

新生活に向けて、少しでも引越し業者にかかる料金を安くしたいと誰もが思うことではないでしょうか。

 

引越し料金は時期やタイミングなどで、安くなったり、高くなったりすると聞いたことがあると思います。できることなら安い時期・タイミングで引越をしたいものですが・・・一ヶ月の中でも安い時期と高い時期があります。

 

月初めは暇で安くなり、月末は忙しいので高くなるのが一般的です。

 

月末が忙しくなるのは賃貸物件に住んでいる方は家賃が重複しないようにこの時期を選ぶ方が多いからです。例えば、3月いっぱいで旧居を解約する手続きをした場合、月末に退去しなければなりません。そして、月末に新居に入居したら、入居日から日割り計算となることが多いので、家賃の重複が少なくて済みます。

 

月初めは動く人が少なくなるので、引越し業者は暇となり、引越し業者はトラックを遊ばせておくより料金を引き下げても動かしたほうがよいと考えます。月初めに引越しをしたほうが月末に引越しをするよりも引越し料金は大分安くなります。

 

ただ、気をつけなければならないのは家賃の日割り金額と引越し料金とのバランスがどうなってくるかというこです。新居もしくは旧居の大家さんに交渉して、日割り計算が発生しないようにしてみてはいかがでしょうか。

 

また、週単位で考えると週初め(月曜日から)と週末ではどちらが忙しいかというと、週末は人気があり引越し業者は忙しくなります。料金設定も週末は高くなっているので、料金を抑えたい方は週初めの引越しがよいのではないでしょうか。

 

さらには時間帯でも料金に違いがあります。午前と午後ではどちらが安いかというと、午後からの引越しの方が安くなっています。これは業者側から時間を確約できるのは午前だけで、午後になると状況次第では作業開始時間が大きくずれ込むことがあるため、そのリスクの分、午後便を割安にしているからです。

 

もしスケジュールに自由がきくのなら東京⇔福岡県間の引越しは混み合っている時期や日、時間帯を避けて行うのが引越し料金をお得にする秘訣です。


 

オトクな引越し業者探しはコチラから!

 

安さだけで業者を選ぶのは危険!

これから東京⇔福岡県間の引越しを控えている方の中には、数社から見積りを取っているという方もいると思います。見積りを取ると、やはり費用が気になりますよね。「出来るだけ、安く引越しが出来るところを選ぼう」と考えている方が多いと思います。

 

しかし、ここでは注意が必要。費用だけを見ていると、後々トラブルとなってしまうケースもあります。中には、ディスカウントの様な、驚くような費用の業者もあります。「安いから、ここにしよう」と簡単に決めてしまうと、引越し後に「家具が壊れてしまった」「傷がついてしまった」「荷物が紛失した」なんてこともあります。どんなに安くても、こんな風に後々嫌な思いをするのであれば、ある程度の費用は支払った方が良いですよね。

 

また、東京⇔福岡県間の見積りの内容をしっかりと確認していないことで、引越し終了後に「これは、別料金となりますから」という理由から、高い費用を請求されてしまうこともあります。見積りを見比べる際には、全ての業者の見積り内容な同じになっているかを確認してから、費用を比べるようにしましょう。

 

更に、依頼する際には、引越し当日と同じような条件で見積を依頼することが大切。スタッフの人数、現在お住まいの建物の状況、引越先の建物の状況、引越先の距離、荷物の量などを指定した上で、細かい見積りを取るようにしましょう。そうすれば、引越し後にトラブルになることも少なくなりますよ。

 

このように、引越し業者を選び際には、費用だけで決めるのは危険となります。しっかりと、内容を確認した上で、信頼出来る業者を選ぶようにしましょう。

東京−福岡間の引越し:安い業者を探せる見積もり比較はコレ!関連ページ

長崎
佐賀
宮崎
熊本
大分
鹿児島