東京-群馬県間の引越し費用について 目安となる料金はどのくらい?

東京と群馬は埼玉県を挟んではいますが、同じ関東地方。東京から群馬の前橋までの引越しを考えた場合、直線距離で約100kmですから決して近距離とまでは言えませんが、しかし遠くもなく、中距離といった表現が合うでしょう。

 

引越し料金の相場はこの距離と、荷物量によりますので世帯別の料金目安を調べてみした。

 

※長年一軒家に一人で住んでいたというような方は、単身引越しでも荷物量はかなりのもので、それに応じて東京⇔群馬間の引越し料金も家族世帯並になるでしょう。以下の目安はあくまで標準的な荷物量を想定してのものとなります。

東京−群馬県間の単身引越し価格の目安はいくら?

引越しが単身の場合は荷物が少なくなることが予想されるので引越し料金はかなり抑えられます。東京から群馬まで(もちろんその逆も)でしたら3万円以下で済んでしまう場合もあります、荷物の量にもよりますが、おそらく4万円台でほとんど大丈夫ではないかと思います。

大手引越し会社に見積もりを依頼した結果、もしこの距離、そして単身にも関わらず5万円を超えてしまうようでしたら他の業者にも見積もりを出した方が良いでしょう。

 

価格的には中小業者の方が、知名度の高い全国的業者よりも安いのが一般的です。

夫婦などの2人世帯の東京−群馬県間の引越し代の目安は?

ただし、夫婦など人数が増えると引越し料金もアップします。

 

1人が2人になると荷物の量も単純に考えて1.5倍以上になり、特に家具の割合が大きなものとなってくるはず。

 

このあたりから引越業者によって明らかに差が出てきますが、平均的な料金は7〜8万円台となります。

 

繁盛期でなく(これはページの後半で説明します)、そして荷物も比較的少ない、さらには移動や荷物の搬入が困難でなければ2人世帯であっても4〜5万円台で済むこともあるようです。

家族世帯の東京−群馬県間の引越し価格の目安は?

引越し料金が10万円を超えてきてしまうのは子供などがいる時。荷物の量も単身や夫婦だけと比べると格段に多くなりますから、それに伴ってトラックも大きなものを用意しなければなりませんし荷物を積載する作業スタッフも増えます。

 

そうなると人件費も増え引越し料金もかなり上がります。家族で東京−群馬県間の引越しは平均的な荷物量で12〜15万円ほど、またはそれ以上の予算を確保しておいた方がいいでしょう。

乱暴には扱えない貴重な骨董品や、あるいはピアノのような特殊な荷物があったりした場合にはオプション料金が加算されることになります。

 

また2世代家族で家具や家財がたくさんあるような場合は、上記の目安には当然おさまりません。20万円・30万円以上掛かることも普通です。

 

数万円以上の価格差が業者間にはあります。どの業者が安くやってくれるのか?それを知る唯一の方法が「引越し見積もり一括サービス」です!

 

東京の引越し

 

 

 

 

東京⇔群馬間の引越し経験者の口コミ

群馬県から東京都世田谷区へ単身パックで引越し

18で高校を卒業した後、進学のため東京に引っ越しました。単身パックです。初めての引っ越したのでハラハラしてました。学生寮への転居なのですが、親と話し合って決めました。セキュリティの面がやはり一番気を使いました。平日は親の都合が悪かったと思うので、土日に依頼したと思います。大手の引っ越し会社に依頼しました。実家は群馬県です。

 

東京へはたまに遊びに行くような距離にはあるので、東京の世田谷区に引っ越しました。学校の機関が定めてくれている学生寮です。沢山書類を探してきてくれたのは親ですが、自分も最終的には同意しました。家賃は高すぎて自分では考えられなかったですが、親だから何も言えませんでした。家賃も引っ越し料金も、決めたのは親です。自分では考えもつきませんでしたけど、有り難かったです。

群馬県から東京都練馬区へ単身赴任のため引越し

勤務先より、転勤の話があり、引っ越しをしました。悩んだ結果、単身赴任をすることとなりました。家族構成は夫婦と、小学校3年生、5年生の子供がおります。子供の学校の事があり、単身視赴任を決意した次第です。

 

2016年4月3日(日)に引っ越しをしました。群馬県に住んでおり、東京都練馬区への単身引っ越しを行いました。

 

引っ越し業者は、悩んだ結果、アート引っ越しセンターに決めました。他にも数社検討をし、どこの業者さんも良かったのですが、最終的には、一番対応が良かったという理由で決定しました。見積もり金額は、4万円だったと思います。最終的には、3万8千円で収まりました。業者さんに全て頼るのではなく、自分で行える荷造りを自分で行うことで、多少ですが、見積もりよりも安くすることが出来ました。実際の引っ越し作業については、申し分ありませんでした。

東京-群馬間の引越し費用は季節によって変動する!

世帯別の料金目安で書いた「繁忙期」について説明します。

 

日本では御存知の通り、春に卒業・入学、就職・転職というイベントが集中します。全国的に人々の移動がおこりますので引越し業者には引越しの依頼が殺到することになるのですが、これに便乗するというわけでもないのでしょうが、業者は軒並み繁忙期に価格を値上げします。その値上げ幅は3割が普通で、強気なところは倍以上値上げする大手もあるようです。

 

値上げされたとしても、3月から4月上旬にかけて引越す人には、どうしても引っ越さなければならない事情のあるわけですから、それでも依頼が途絶えないわけですね。

 

逆に、春の移動時期以外は、引越し業者は暇になります。今度は値引きをしてでも仕事を取ろうとするため相場が安くなるのです。春の繁忙期と比べれば半値以下となることも珍しくありません。

 

 

ただし、暇な時期でも安くならない日があります。それが週末の土日と祝祭日です。これは休日を利用して引っ越そうとする人が普通ですから、安定して依頼があるため業者の方としても値下げして仕事を取る必要がないことになります。

 

このように値上げしたり、値下げしたりする幅は業者それぞれですし、そもそも引越価格に決まった価格はないわけですから、東京-群馬間を引っ越される予定があるのであれば、各社の見積もりを見比べて高い業者を利用しないようにしたいものです。

 

一括見積もりサービスなら無料で、簡単に10社ほどの価格が分かるので便利です!


 

オトクな引越し業者はコチラから!

 

東京−群馬間の引越し:安い業者を探せる見積もり比較はコレ!関連ページ

横浜
埼玉
千葉
神奈川
茨城
栃木