東京−和歌山県各市町村間の引越し費用はどのくらい掛かる?

引越し料金の相場って幅がありすぎてなかなか定められませんよね。実際にどの程度の引越し料金がかかっているのかを幾つかの具体的数字で見た方がより相場がわかるような気がします。

 

ということで東京と和歌山の間で引越しした場合と近い具体例を見て相場を探ってみましょう。

東京と和歌山はルートにもよりますが、600kmの移動を必要とすると考えてみます。

 

ではここでそのくらいの距離の移動を行った人とその人の状況でどのくらいの引越し料金がかかったのかを見てみましょう。

例えばAさん。

 

単身・1人暮らしのこの人は荷物の量も少なめ。
移動距離は700kmということですから東京・和歌山間のサンプルとして丁度良く。

 

引越し時期は2月ですから引越す人もそこそこいますがピークとまでは言えないかも知れません。肝心の引越し料金は55,000円。かなり安いような気がしますね。

 

同じく単身・1人暮らしのBさんは移動距離600kmで50,000円だったそうです。これも格安。

 

11月の引越しだったこともあるでしょうが、この程度で東京と和歌山間の引越しができると考えると、最近の引越し業界はかなり頑張っているのでしょう。

 

次は家族連れでの引越しの例です。

 

あるご家庭では移動距離500kmで123,000円、もうひとつの家庭では同じく移動距離500kmで引越し料金は160,000円

 

ちなみにこの両者は同じ引越し業者を利用しており、距離が同じにもかかわらず価格に差があるのは付帯サービスを後者の方がより多く利用しているからです。

車やバイクの輸送、ピアノの輸送などを利用すると3〜40,000円のアップになると考えておきましょう。

 

しかし3人家族、もしくは荷物少なめの4人家族であれば東京・和歌山間はこの程度の引越し料金で引越しが完了するようです。

 

とにもかくにも引っ越し予定日にどの業者が最も安く請け負ってくれるのか?これを知るには一括見積りサービスを利用すると分かります!

 

一度にたくさんの業者見積もりが取れるので本当に便利ですよ!

 

東京の引越し

 

 

 

 

ダンボールは絶対必要になるから

引っ越しに慣れてないと、いろいろ準備に時間がかかります。例えば荷物を入れるダンボールも、どこで手に入るかよくわからないと思います。ダンボールを入手するにはいくつかの方法があります。

 

一番確実なのは、東京−和歌山県間の引っ越しを頼む引っ越し業者にもらうことです。引っ越しのプランなどによっては無料でもらうことができます(たいていの場合は基本サービスに50枚まで無料というように上限で表示されていたり、あるいは無制限という業者もあります)。

 

ただし稀に10枚で\100など有料オプションサービスとなっている業者もありますのでこの点は注意して、よく見て下さい。ですので東京−和歌山県間の引っ越し料金を気にしなければ業者からもらうことが一番確実ですね。

 

別の方法としては、近所のドラッグストアやホームセンターなどでもらうことができます。ホームセンターなどによっては、あらかじめ持って帰ってもいいようにダンボールを用意している店舗もあります。

 

ただし、ダンボールによって厚みが異なりますので、重たいものを入れる場合はできるだけ暑いダンボールを選びましょう。薄く強度のなさそうなダンボールを選ぶと、重たいものを入れた場合破れてしまう可能性があります。どうしてもいい段ボールがない場合は、ほかの店舗を探してみるかもしくは大事なものを入れる箱だけを引っ越し業者からもらうという方法もあります。直前になってあせらないように、前もって用意しておきましょう。

 


 

オトクな引越し業者探しはコチラから!

 

東京−和歌山間の引越し:安い業者を探せる見積もり比較はコレ!関連ページ

大阪
京都
東京⇔京都間の引越しの際、どの業者を選んだら良いのか説明しています。
兵庫
奈良
滋賀