東京と奈良の引越しでは料金目安としてどのくらい考えれば良い?

東京⇔奈良の距離は400〜500kmです。少し幅がありますが引越し料金で考えた場合にはこの程度の差はあまり気にならないでしょう。

 

引越しが頻繁に行われるのは引越しシーズンと言われる季節で、具体的には3月あたりですが、せっかくなのでこの引越しシーズンの引越し料金の相場を考えてみましょう。

 

利用者が多い時期は少ない時期と比べて引越し料金もアップしてきます。どうせなら高い時期の相場を把握しておいた方が予算も組みやすいのではないでしょうか。

とは言ってもかなり差があるのは否めません。

 

例えば、東京と奈良を500km離れていると仮定します。ある引越し業者はこの500kmの引越しを80,000円で行った実積を持っています。しかも季節は3月。さらに週末です。

 

ちなみにこの引越しを依頼したのは大人2人と子供2人の4人家族。
家電等の取り付けや荷造り・荷解き、ダンボールの後始末などは利用しなかったそうですが、それでもこの価格で東京と奈良間の引越しができると考えるとかなりお得ですね。

 

もうひとつ4人家族の例を見てみましょう。
引越し距離は650km。東京、そして奈良の場所によってはこのくらいの距離を必要とするでしょう。こちらは全部で280,000円の引越し料金だったそうです。

 

前の家族に比べると高めですが業者も異なりますし、各種工事などのオプションを業者に依頼したそうですから妥当かもしれません。

 

同じく4人家族で繁盛期ではない9月に引越しを行った人は移動距離600kmで100,000円の引越し料金だったそうです。

引越し業者の料金とはこのように時期によって相場が上下するのです。

 

どこが一番安いのか?これを知るために多くの人が利用しているのが見積もり比較サービスなのです!  

利用は無料なので使わない手はないのです♪

東京の引越し

 

 

 

 

引越しには掃除がつきものですが・・・

東京−奈良県各市町村間の引越しをする際には、今お住まいの家のそうじも必要となりますよね。このそうじによっては、敷金などが戻ってくることもありますので、しっかりと行いましょう。

 

では、この引越し前のそうじについて、ご紹介しましょう。今まで住んでいた家ですから、「今まで、ありがとう」の気持ちも込めて、綺麗にそうじをしましょう。気になる、敷金との関係ですが、借主側の負担となるのは、タバコのヤニやニオイ。そして、クーラーからの水漏れや、壁の腐蝕。ペットがつけてしまった、傷やニオイ。これらは、借主の方が負担をすることになります。しかし、キッチンの換気扇やコンロなどの汚れ、洗面所や浴室などのカビ汚れや髪の毛などは、綺麗に掃除をすることで、敷金の変換となる可能性があります。

 

これらのポイント部分は、チェックされる個所となりますので、特に念入りに行いましょう。このそうじをする際には、まずはキッチンのレンジ周りのそうじ、換気扇のそうじ、浴室の洗面所のそうじ、キッチンや洗面所の水垢の処理、そして最後に窓のガラス拭きの順番で行うと、スムーズに進められますよ。また、掃除の際には、掃除機だけではなく、雑巾や新聞紙、はたきなども活用していきましょう。普段は、はたきなどはあまり使わないと思いますが、引越しの際のそうじの場合には、こういったグッズも上手に使いましょう。

 

こうして、引越し前に綺麗にしていくことで、気持ちよく東京−奈良県間の引越しができるはず。更に、これで敷金が返金されたら、嬉しいですよね。


 

オトクな引越し業者はコチラから!

 

東京−奈良間の引越し:安い業者を探せる見積もり比較はコレ!関連ページ

大阪
京都
東京⇔京都間の引越しの際、どの業者を選んだら良いのか説明しています。
兵庫
和歌山
滋賀