東京⇔兵庫の引越し料金の相場は?

東京と関西圏の引越しは頻繁に行われているようですが、大阪や京都、奈良などと兵庫県では引越し料金に大きな差があるのでしょうか。

 

東京から見れば大阪よりも神戸は30kmほど離れていますが、結論から言ってしまうとこの30km程度の距離であればさほど問題になりません。

 

引越し料金を左右するのはこの程度の距離の違いではなく、トラックに実際に載せる家具や家電、ダンボールなどの量と付属サービスの有無、作業員の人数と作業時間によって費用が算出されます。

ただ加古川や姫路くらいまで行くと若干の上乗せはあるかもしれません。大阪と比べると100kmくらいの差がありますから京都や奈良などと全く同じ引越し料金というわけにもいかないでしょう。

引越し料金は一般的に単身や4人家族といった引越しをする人数で分けられることが多いです。

 

ただこれは便宜上の目安のためであって、業者はあまり人数で引越し料金を区切ってはいません。人数はあくまでも目安であり、「単身であればこの程度の荷物だからこのくらいの引越し料金」としているだけにすぎないのです。

例えば同じ単身でも大きな冷蔵庫やピアノ、エアコン、ベッド、タンスなどがあれば軽く3人家族くらいの引越し料金、東京と兵庫で言うならば150,000円くらいしてしまうこともあるんです。

 

業者はタンスや棚のサイズによって見積もりを出すところもあります。大きければ作業員1人では足りず、作業員を増やす分だけ引越し料金に上乗せされますから。単身は東京・兵庫での引越しであれば60,000〜70,000円くらいで可能としているところもありますが、そんなシンプルなものではないことも覚えておきましょう。

 

東京と兵庫で4人家族での引越しは180,000〜220,000円くらいが相場となっていますが、これもかなり一般的な家庭で付属サービスもひとつやふたつの場合と考えておいた方がいいのかもしれません。

 

相場を知るためにも複数の見積もりをみてみるのが一番確実ですので利用してみて下さいタダで使えます)。

 

東京の引越し

 

 

 

 

 

荷物の搬入搬出について

引越しは、現在の東京または兵庫県各市町村の住まいから新居への荷物の搬入出がメインの作業となります。

 

搬出作業としては、自分たちで運ぶものの確認やどのダンボールから運んで、割れ物などはどのダンボールに入っているのかの指示、積んで欲しい荷物の順序はどうかなどを確認しておく必要があります。貴重品は自分で携帯するようにした方がよいです。荷物の運び出しが終わったら、最後に部屋の掃除を行います。タンスや食器棚などが置いてあった場所は日頃はなかなか掃除ができません。ホコリが溜まって汚れていると思います。そのためにも、掃除機は最後に積んだ方がよいでしょう。

 

搬入作業としては、引越し先で最初に空けるダンボールはどれで、どの部屋にどのダンボールや荷物を運ぶのか、引越し先に届く日時などの確認をしておきます。次に、新居の点検です。玄関ドアや窓の開閉・空調機器や給湯器などの動作・配線関係の設置状況・水漏れなどの確認をします。その点検作業は作業員がいる間にします。作業員が帰ってしまうと、後では傷や破損箇所を説明して伝えるのが難しいからです。

 

後になればなるほど、場合によりますが、責任を認めてもらえなくなる可能性があります。もし、傷や破損があれば、速やかに引越し業者に対応してもらわないといけません。保障内容についてはきちんと確認しておく必要があります。口頭だけでなく書面で引越し作業員の責任者にサインをもらうようにした方がよいです。今後、どのような補償をしてくれるかが大事なので、東京⇔兵庫県間の引っ越しの際には必ず聞いておきましょう。


 

オトクな引越し業者はコチラから!

 

 

東京−兵庫間の引越し:安い業者を探せる見積もり比較はコレ!関連ページ

大阪
京都
東京⇔京都間の引越しの際、どの業者を選んだら良いのか説明しています。
和歌山
奈良
滋賀