比べてみないとどこが安いのか判らないのが引越し料金なんです!

引越しは費用も労力もかかります。働きながら時間を見つけて引越しなどと言う場合は、引越し業者に依頼するのが一般的だと思います。もちろん自分でできる距離や荷物の量なら業者に依頼しなくともできるかもしれません。それでも、プロにお願いして荷物の運びだしや配送をしてもらえると本当に助かるし、手際の良さにも感心します。引越しが決まったら、まず引越し料金の比較をすることです。インターネットで簡単に見積もり依頼をすることができます。

 

>>>引越し一括見積もりなら面倒なしで安い業者が見つかります!

 

実際に家に来てもらって荷物の量やどんなものを運ぶかなど詳細は後日確認してもらうことになりますが、引越しの日にちや時間、どこまで業者に依頼するかなどで見積もりを取ることも可能です。引越し料金の比較は値段はもちろんですが、サービス内容や対応なども合わせて確認するといいです。

 

梱包と開梱は自分で行って、家具やベッドなど大きなものだけ運んでもらうともちろん費用は下がります。時間がなくすべてお願いしたい場合は梱包から開梱まですべてお任せしてしまうのがいいでしょう。どこまでを自分でやるのかによっても業者ごとで料金は変わってきますし、サービスもいろいろです。引越し料金の比較はインターネットで簡単に検索、相場を知ることができるので調べてみてください。その中で気になる数社に見積もり依頼をしてみるといいです。またインターネットで引越しの口コミなども見つけられるので、実際に利用した方の意見なども参考にするといいです。

 

見積もり比較をした上でのちょっとした交渉を(上級テクニック)

引越しの見積もりを入手するためには、引越し業者の判断に委ねるという形になってしまいがちですが、訪問見積もりを利用すれば、引越し費用を安くすることもできます。引越しの値下げ交渉は、直接交渉しても、効果はありません。従って、競合他社の見積もり情報を利用して、値下げ競争をさせるのです。

 

>>>引越し一括見積もりなら面倒なしで安い業者が見つかります!

 

まずは、一括見積もり比較サイトを利用して、数社の候補となる引越し業者を選択します。そして、訪問見積もりをお願いするのですが、時間帯を同じ日で時間帯を少しずらすような対応をするのです。まずは1社目の見積もり担当者には、次に来る引越し業者を伝えます。そして、最後の引越し業者に対しては、他社の見積もり額を伝えるのです。そして、引越し業者の営業マンが顔を合わせるような形にできれば尚良いです。引越し業者の営業マンにとっては、業務を請け負うことが大切なことです。

 

従って、その場で、今日決めたら○○円で・・ということを決めゼリフのように言いますが、今日であろうが、いつであろうが、引越し料金は変わりません。従って、少し意地悪ですが、後日ならばいくらになるのですか?と問いかけてみることも必要です。また、こちらからあといくら割り引いてくれたら即決するという方法もありだと思います。引越し業者の営業マンの痛いところをついて、交渉するのです。営業マンは当然、他社に受注されては、上司にしかられることになるのです。しかし、料金を決定する権限は営業マンが持っていますので、無理だと思われるようなことでも、交渉するようにしましょう。言うのはタダですから・・。

訪問見積もり時の最適な対応について

料金のみを重視してしまいがちですが、サービス内容を把握することや、当日の作業などについて打ち合わせをする必要があります。料金のみで業者を選択し、後悔をしないための方策について以下に説明します。見積もりで後悔した方のほとんどが、あまり考えずに契約をしたという方が多いです。即決すれば、○○円で対応します!といわれ、数時間も粘られて契約してしまう方が多いのです。

 

そんな方は、見積もりの際に一人で立ち会うことを避けることが必要です。家族や友人の立会いのもとに冷静な判断をすることが必要です。また、訪問見積もりの時間は1時間しかとれないと伝えて、長居を避けてもらうことが必要です。そして、決して即決しないという断固たる意志を持つことが必要です。翌日回答しても条件は同等なのです。

 

また、内金や手付金を払う必要はありませんし、見積もりをしてもらうことも無料ということが、標準引越運送約款で定められていますので、内金などを要求するような業者は要注意です。また、気をつけなければならないことは、ダンボールやガムテープなどの梱包資材です。勝手に営業担当者がダンボールを置いていくと言っても断るようにしましょう。有料である場合が多いので、万が一他の業者に引越しをお願いすることになりますと、ダンボールの返品を求められたり、返品時の運送費用を負担させられる場合もあります。そして、訪問見積もりの際に、営業マンと打ち合わせたことは、しっかりと見積書に記載してもらうようにしましょう。引越しに立ち会う作業員は、打ち合わせの内容は理解していませんので・・・

引越し割引交渉術

引越しの見積もりを提示してもらうのは、引越し業者の営業マンです。あまり無理を言いますと嫌味になってしまいますので、あまり無理のない程度で、以下のような交渉をするようにしましょう。まずは、引越し希望日です。候補となる希望日をいくつか提示して、それぞれの日の割引率を確認するのです。受注の多い日は、割引してくれることは難しいのですが、日程を変えることによって料金が変わる可能性は高いです。月末や月初、大安や仏滅などの条件によっても割引率は変わると思います。

 

そして、いくつかの業者に見積もりの競争をさせることです。できれば訪問見積もりを、引越し業者の営業マンがすれ違うようなタイミングにするとよろしいと思います。そして、提示された見積書は細部に渡りしっかりと相談をして、作業内容が最も充実している引越し業者に、一番安い見積書を提示して、この料金ならば利用すると言えばよいと思います。

 

>>>引越し一括見積もりなら面倒なしで安い業者が見つかります!

 

そして、時間の指定がなければ安くなることがあります。しかしながら、何時に来るのかわからず、引越し業者によっては夕方に来ることなどもありますので、事前にしっかり確認をしてください。そして時間の指定が無い場合の料金は、しっかり確認しておきましょう。指定時間に引越し業者が来なかった場合には、時間指定のない料金が適用される可能性もあります。そして、引越し業者の大きな収入源である電気工事の手配ですが、引越し業者は下請けの電気工事業者の費用に対して何割か料金が上乗せされています。各社の工事代金の見積もりをしっかり比較すれば、良心的か否か理解できますね。