役所への手続きが必要になります

引越しが決まったら、様々な手続きが必要となることは、もうご存知だと思います。数多くの手続きが必要となりますが、焦らずにひとつひとつ済ませていきましょう。

転出届

では、引越しの際の手続きのひとつ、転出届についてご紹介しましょう。転出届は、今お住まいの市町村役場にて、手続きを行う必要があります。もしも、単身赴任などで、ご主人だけが引越しをするという場合には、ご主人の転出届の手続きの必要があります。この転出届の手続きは、引越しの14日前から引越し後の14日以内に行う必要があります。引越しの準備や後片付けなどで忙しいとは思いますが、なるべく早めにこの手続きを行っておく様にしましょう。遠方への引越しの場合には、この転出届を提出した際に、転出証明書が発行されることになります。

 

 

これは、引越し後、新しい住所での転入届の際に必要となります。転出届を提出し忘れ、引越し先で転入届の手続きを行おうと思っても、転出証明書がなければ手続きを行うことは出来ません。引越し先が近ければ、気軽に手続きを行うことも出来ますが、遠方の場合にはそうはいきませんので、引越し当日までには忘れずに手続きを行っておく様にしましょう。この手続きを行うには、引越しをするご本人、もしくは委任状があれば誰かに頼むことも可能となります。忙しい方は、周りの方にお願いしておくのも良いかもしれませんね。

 

 

万が一、時間がなくて転出届の手続きが行えなかった場合には、郵送での受付も行っています。各市町村役場によって、必要書類などが異なってきますので、電話などで確認するようにしましょう。

転入届

引越し後には、転入届の手続きを行う必要があります。引越し後は、後片付けに追われるという方が多いと思いますが、出来るだけ早めに手続きを済ませる様にしましょう。

 

 

この転入届は、引越し後14日以内に手続きを行う必要があります。あまり知られてはいませんが、この手続きを怠ってしまうと、5万円以下の過料が取られてしまう可能性もあります。「忘れてしまわない様に、前もって手続きをしておきたい」という方もいると思いますが、転入届は、引越し後でなければ手続きが行えませんので、引越し後に忘れずに行う必要があります。中には、マイホームを購入し、その家に引越しをするという方もいると思います。そんな方の中には、マイホームのローンの手続きの際に、住民票が必要となる場合もあるでしょう。しかし、「この日から住みます」と言ったところで、受理をされることはありません。こういった場合には、引越し日に関係なく、住民票の手続きだけを済ませて置く必要があるでしょう。

 

 

また、転入届の手続きの際にも、転入する本人、委任状があれば、代理人の方でも手続きを行うことが可能となります。この転入届の手続きの際には、転出届の際に受け取っている転出証明書が必ず必要となります。引越しの際には、荷物がごちゃごちゃになってしまう可能性がありますから、転出証明書はなくさない様にしっかりと保管しておく必要があります。万が一、紛失してしまった場合には、代わる証明書の発行が必要となります。

転居届

引越しの際には、転出届や転入届の手続きが必要ということは、ご存知の方も多いと思います。しかし、これらの手続きは、あくまでも違う市町村への引越しの場合の手続きとなります。

 

 

 

引越しを予定している方の中には、同じ市町村への引越しという方もいますよね。そういった方は、転出届、転入届の手続きは必要なく、転居届という手続きが必要となります。この転居届は、同じマンション内での引越しの場合にも、部屋番号が変われば手続きが必要となります。同じ市町村への引越しの場合には、この転居届の手続きを行えば、届け出している印鑑証明書などに関しても一緒に変更されることになります。転居届の手続きは、引越し後14日以内の手続きが必要となります。転居届に関しても、前もって手続きを行うことが出来ませんので、引越し後に忘れずに行う様にしましょう。

 

 

 

また、転居届に関しても、転居するご本人、委任状があれば代理人の方でも手続きを行うことが可能となります。代理人が手続きを行う場合には、代理人の方の身分証明書などが必要となりますので、あらかじめ準備しておいてもらいましょう。この転居届を提出することで、住民票の住所も変更することになります。住民登録をしていることで、国民年金や公立の学校、公共サービスの利用などが出来ることになります。当然ですが、違う市町村での二重登録は出来ません。

 

 

 

近い場所への引越しの場合には、「近いから、手続きは必要ないだろう」と考える方もいると思いますが、必ず手続きを行う様にしましょう。

国民健康保険

引越しを予定しているという方の中には、企業での保険に加入せずに、国民健康保険を利用しているという方もいると思います。何らかの事情で、仕事が出来ないという方、また自営業の方なども、国民健康保険を利用していると思います。

 

 

この国民健康保険は、市町村ごとで取り扱っていることになりますので、今お住まいの市町村外への引越しをする場合には、今の国民健康保険は喪失してしまうことになります。同じ市町村への引越しの場合には、住所変更の手続きが必要となります。この手続きは、引越し後14日以内の手続きが必要となりますので、忘れずに行う様にしましょう。その際、必要となるのは、今使っている保険証と印鑑が必要となります。違う市町村への引越し予定の方は、まずは今加入している市町村へ転出の手続きを行うことになります。そして、引越し後には引越し先の市町村での転入手続きが必要となります。その際に必要となるのは、転出証明書、口座振替のための預金通帳、通帳の届印、身分証明書が必要となります。もしも、結婚のためにちがう市町村に引越しをし、新たに世帯に加入する場合には、世帯が加入している保険証も必要となります。

 

 

国民健康保険は、病気や怪我などの際に持っていなくては、とても不安なものですから、引越し予定がある方は、なるべく早めに手続きを行う様にしましょう。引越し後には、疲れから風邪などをひく方も多くなりますから、万が一のために早めに備えておきましょう。

印鑑登録

何か、大きな買い物をする際、契約をする際などには、印鑑登録が必要となることがありますよね。車の購入経験がある方、家を購入経験のある方は、この印鑑登録の重要性を知っている方も多いでしょう。

 

 

引越しとなった場合には、この印鑑登録の手続きも必要となるのは、ご存知でしょうか。印鑑登録は、普段はあまり使うことがないため、手続きを忘れてしまう方も多くいますので、注意しましょう。しかし、引越し先が同じ市町村の場合には、転居届の手続きを行うことで、自動的に印鑑登録の住所も変更されることになります。同じ市町村への引越しの場合には、転居届の手続きさえ行っていれば心配ありません。違う市町村への引越しの場合には、転出届の手続きをすることで、現在の印鑑登録は自動的に廃止となってしまいます。引越し後に、「印鑑登録はしている」と思っていても、新たに引越し先の市町村で新規登録を行わなくては、今までの印鑑登録は利用することが出来ませんので、注意しましょう。

 

 

印鑑登録は、普段からあまりつかう書類ではありませんよね。そのため、すぐに利用する予定がない方であれば、必要な時に新規登録をすれば良いでしょう。印鑑登録は、それほど時間がかからずに、手続きを行うことが出来ますので、必要な時に登録しても間に合いますよ。

 

 

このように、引越しの際に印鑑登録はそのまま変更される場合、廃止になる場合がありますので、あらかじめ頭に入れて置くようにしましょう。

運転免許証

引越しを予定しているという方の中には、自動車の免許を持っているという方も多いと思います。普段から、運転しているという方であれば、「運転免許証も住所変更をしなくては」と気が付くと思いますが、ペーパードライバーの方は普段はあまり使うことがないため、うっかり手続きを忘れてしまうという方もいるでしょう。運転免許証は、身分証明書としても利用することが多くなりますので、免許証を持っている方は早めに住所変更の手続きを行う様にしましょう。

 

 

運転免許証の住所変更の手続きは、引越し先の警察署、運転免許センターなどで行うことが出来ます。手続きの際には、窓口に置いてある申請書、免許証、新しい住所を証明する住民票や健康保険証などが必要となります。しかし、他の都道府県に引越しをした場合には、更に申請の際に写真が必要となりますので、あらかじめ準備しておいた方が良いでしょう。また、車を一緒に引越し先へ持って行く場合にも手続きが必要となることがあります。それは、所轄となっている陸運支局が変わった場合。この際は、引越し先での所轄となっている陸運局、もしくは自動車検査登録事務所などで再登録をする必要があります。この手続きは、引越し後15日以内に手続きを行う必要があります。この手続きは、車庫証明のために必要な手続きとなります。

 

 

引越しの際に、車を持って行くという方で、陸運支局が変わる場合には、免許証の住所変更だけでなく、自動車の登録変更も忘れずに行いましょう。

転校

引越しの予定があるご家庭の中には、小学校や中学校に通っているお子さんがいるご家族も多いと思います。引越しの際には、お子さんの学校の転校手続きも必要となりますので、忘れずに行いましょう。この手続きを行っておかなくては、引越し先でお子さんの転入手続きをスムーズに行うことが出来ませんので、注意しましょう。

 

 

では、転校の手続きはどの様に行うかというと、まずは今通っている学校に転校届をもらうことになります。この書類に記入を行い、通っている学校に提出することになります。転校届を提出することで、転校確認書という書類を受け取ります。引越しの際には、市町村役場での転出届の手続きが必要となりますが、この時に一緒に転校確認書も提出しましょう。この手続きを行うことで、転出学通知書を渡されますので、これを受け取ったら今通っている学校に提出を行いましょう。

 

 

転出額通知書を学校に提出することで、学校から在学証明書、教科書受給証明書という書類を渡されることになります。これらの書類は、失くさずに引越し先へ持って行きましょう。そして、引越し後、市町村での転入届の手続きを行うことになると思います。この際、転入学通知書という書類を受け取りますので、この書類とともに、在学証明書、教科書受給証明書を、これから通うことになる学校へ提出することになります。

 

 

このように、転校の手続きを行う際には、少々手間がかかってしまいます。しかし、お子さんが引越し先でもちゃんと学校に通えるように、しっかりと手続きを行いましょう。

役所への手続き|東京の引越しで安い業者を探せる見積もり比較【No.1はコレ!】関連ページ

インフラ・公共料金