インフラ系の引越しの手続きは重要です。

当たり前に生活していると忘れがちですが、公共料金などのインフラ系の手続きを怠ると大変なことになります。具体的には新居へ引越してから水道が使えなかったり電気が通ってなかったりすると生活に支障をきたす深刻な問題となりますよね。ですのでここはシッカリとクリアしたいものです。

電気・ガス・水道

引越しの予定があるという方は、色々な手続きをはじめているという方もいると思います。いざ引越しとなると、荷造りだけでなく、こういった手続きなども必要となってきますから、大変ですよね。しかし、手続きをしっかりと行っておかなくては、余計な経費がかかってしまったり、新居ですぐに利用出来ない可能性もあります。特に、電気、ガス、水道に関しては、引越し後にすぐ利用したいものですから、忘れずに手続きを行っておくようにしましょう。

 

まず、電気に関しては、今お住まいの電力会社に引越しの連絡をすることになります。連絡は、電話1本で済みますので、面倒がらずに行いましょう。電気料金は、引越し日までの使用分がかかることになります。また、引越し先では、備え付けられている電力会社のハガキを送付するか、電話すれば手続きは完了となります。ガスに関しても、電話での連絡が必要となります。地域によっては、ガスを止める際に立ち会いなどが必要なこともありますので、連絡の際に確認しておきましょう。引越し先に関しても、ガスを開ける際の方法は地域によって異なりますので、こちらもあらかじめ確認しておきましょう。すぐに利用したい方は、引越し日などに手続きが出来る様に準備しておきましょう。水道に関しても、電話での引越し連絡をすればOK。引越し日までに使われた水道料が、後日請求されることになります。引越し先に関しては、管轄の水道今日に連絡するだけで利用することが可能となります。

 

このように、生活に欠かせないものは、なるべく早めに連絡をしておくようにしましょう。

電話・インターネット

引越しというと、様々な手続きが必要となり、「パニックになっている」という方もいるかもしれませんね。引越しの際の手続きは、一つや二つではありませんから、分からなくなってしまうのも当然といえるでしょう。

 

では、引越しの際の手続きとして、忘れてはいけない二つをご紹介しましょう。今は、インターネットを利用している方が増えてきて、NTTの固定電話回線を使っているという方は少なくなってきているかもしれませんね。しかし、NTT固定電話を利用しているという方は、当然この電話の引越し手続きも必要となります。今お住まいの家での作業はありませんが、引越し先のお住まいに電話線が引き込まれていない場合には、工事などが必要となることもあります。そのため、引越し先に電話回線が引き込まれていない場合には、早めに手続きを行っておくようにしましょう。早めに手続きを行うことで、引越し先の新しい電話番号なども早めに知ることが出来ます。そうすれば、事前に知り合いの方にも伝えて置くことが出来ますから便利ですよ。

 

そして、インターネットプロバイダーの手続き。こちらも、早めの手続きがおすすめといえます。引越し日に合わせて、工事をしてもらおうと思っていても、工事が混んでいれば数週間後の工事となることもあります。お仕事で、インターネットを利用しているという方も多いでしょうから、すぐに引越し先でもインターネットを利用したいと考えている方は、早めの手続きを行うようにしましょう。

インフラ・公共料金|東京の引越しで安い業者を探せる見積もり比較【No.1はコレ!】関連ページ

役所への手続き