引越しは前もって準備が大切です。

引越しを予定している方は、「やることがありすぎて、どういった順番で行っていったらよいか分からない」という方もいると思います。引越し慣れている方であれば、スムーズに準備も出来るでしょうが、慣れていない方にとっては、何から手を付けてよいか分かりませんよね。

引越し1カ月前

では、まずは引越し1カ月前にはどういった準備が必要なのか、ご紹介しましょう。まず、1カ月前には、利用する引越し業者などを決めておく必要があるでしょう。数社へ見積り依頼をし、見積りを比べた上で、利用する業者を選ぶようにしましょう。また、1カ月前から荷物の整理をしておく必要があります。荷造りまでは必要ありませんが、不要となる物などは処分しておいた方が良いでしょう。引越し業者を利用する場合には、荷物の量によっても、引越し費用が変わってきます。出来るだけ荷物を減らしておくと、引越し費用を抑えることも出来ますよ。更に、粗大ゴミがある場合には、粗大ゴミの手配をしておく必要もあります。お子さんがいる場合には、転校の手続きも始める必要があるでしょう。また、引越し先の間取図などを取寄せ、どこに何を置くかなども考えておくと、引越し後の作業がスムーズに進められますよ。ダンボールなどの資材などは、この時期には準備しておく必要があるでしょう。

 

 

このように、1カ月前に行っておいた方が良い項目がいくつもあります。後々、焦らないようにするためにも、これらは1カ月前から準備しておくようにしましょう。

引越し予定日の2〜3週間前

引越し日から、2〜3週間前となると「焦ってきた」なんて感じる方もいるかもしれませんね。「これ、当日まで間に合うだろうか」なんて心配に思っている方もいると思います。

 

 

では、引越しの2〜3週間前には行っておきたいことを、ご紹介しましょう。まず、この時期には、少しずつ荷造りをはじめておく必要があります。普段、使わない物から少しずつ、ダンボールに詰めていきましょう。そして、この時期には転出届の手続きが行えるようになります。引越し日に使づくにつれ、やることが多くなりますから、出来ればこの時期に済ませておいた方が、後々楽でしょう。また、固定電話の移転手続きやインターネットの手続きなども、この時期に行いましょう。引越し先によっては、工事が必要となる場合があります。引越し後に、すぐに電話やインターネットを利用したい方が多いでしょうから、この時期には手続きを行い、スムーズに利用出来る様に準備しておきましょう。

 

郵便局の郵便物転送の手続きも、この時期に行っておくと、後々困ることもありませんよ。新しい家具や家電などの購入予定がある方は、このくらいの時期に購入し、配送の手続きを行っておくと、引越し後すぐに利用することが出来る様になりますよ。引越し後には、転居通知を出す方も多いでしょうから、そんな方はこの時期に準備をしておくと良いでしょう。そうすれば、引越し後にすぐに発送することが出来ますよ。

 

 

このように、2〜3週間前に準備しておくことは多くなってきます。新しい生活がすぐにスタート出来る様に、早めに準備しておきましょう。

引越し日の1週間前〜前日

引越しの1週間前〜前日となると、既に荷造りも終えているという方も増えてくるでしょう。中には、「仕事で忙しくて、荷造りが進んでいない」と焦っている方もいるかもしれませんね。前日までには、荷造りは全て終わらせておく必要があります。また、手続きなども済ませて置く必要があるものも多くなります。

 

 

では、引越し1週間前〜前日までには済ませて置く必要があるものを、ご紹介しましょう。当然ですが、荷造りは前日までには済ませて置く必要があります。引越し日当日に使うもの以外は、全てダンボールに詰められている状態になる様にしましょう。また、前日までには終わらせておく必要のある手続きが様々あります。ガス、水道、電気などの引越し手続きの必要があります。まだ、手続きが終わっていない方は、早めに手続きを行う様にしましょう。

 

 

また、引越し前日には、冷蔵庫の中のものを出し、コンセントを抜いておく必要があります。出来れば、事前に冷蔵庫の中のものは、使っておくことが理想的。使いきれなかったものは、クーラーボックスなどに入れて置くと良いでしょう。洗濯機に関しても、水抜きをしておく必要があります。メーカーによって、水抜き方法などが異なりますので、説明書などを確認してみましょう。引越しの際に手持ちとなる貴重品などは、事前に確認しておきましょう。

 

 

このように、前日までには忘れてはいけない手続きが様々あります。荷造りなどに気を取られてしまうと思いますが、忘れずに行うようにしましょう。

引越し当日

引越し日当日となると、「家の中が、ごちゃごちゃ」という方が多いでしょう。なかなか、寝れなかったという方もいるかもしれませんね。引越し当日は、荷物を運び入れるまでバタバタと作業が必要となりますので、引越し業者が来るまでに、しっかりと朝食をとって準備しておきましょう。

 

 

では、当日にはどういった作業が必要となるのでしょうか。当日に必要となる作業について、ご紹介しましょう。今お住まいの環境によっても異なると思いますが、大家さんやご近所さんに挨拶が必要な方もいると思います。引越し当日は、トラック、エレベーターなどを使い、ご近所の方に迷惑をかけてしまうこともありますので、あらかじめ伝えておいた方が良いでしょう。引越し業者に依頼した方でも、プランによっては自分たちで荷物を搬出、搬入することもあると思います。

 

 

逆に、「こちらに全てお任せ下さい」という場合もありますので、そういった場合には搬入の際にどの部屋に入れる物かなど、指示を行う様にしましょう。利用しているプランによって、作業が異なりますので、プランに合った作業を行う様にしましょう。また、荷物が搬出された後は、今までお世話になった部屋の掃除が必要となります。時間がない方、遠方への引越しの方の場合には、引越し業者のハウスクリーニングなどを利用すると良いでしょう。

 

 

また、引越し先でも、ご近所の方へのあいさつを忘れずに行いましょう。これから生活する場となりますから、気持ちよく生活出来る様にすることも大切ですよ。

引越し後

引越し後には、「ほっとしている」という方も多いと思います。とりあえず、荷物がきちんと運ばれると、安心しますよね。一段落と感じている方も多いでしょう。しかし、引越し後にも必要となる作業がありますので、忘れずに行いましょう。

 

 

では、引越し後に必要となる作業をご紹介しましょう。まずは、引越し先では14日以内に転入届や国民健康保険、印鑑登録などの手続きが必要となります。これらの手続きを忘れてしまうと、健康保険証などが使えないなどの支障が出てしまいますので、出来るだけ早めに手続きを行う様にしましょう。また、15日以内には、車や原付などの新規登録の手続きが必要となります。これらの手続きは、行っていない方も多い様ですが、後々のトラブルを防ぐためにも、しっかりと行う様にしましょう。更に、車の免許証やクレジットカード、銀行口座などの住所変更も忘れずに行いましょう。お子さんがいるご家庭では、新しい学校での転校の手続きも必要となります。お子さんが、早く新しい環境に慣れることが出来る様に、早く手続きを行う様にしましょう。

 

 

もちろん、引越し後には荷解きという作業があると思います。すぐに利用するものであれば、すぐに開ける必要がありますが、それ以外はあまり焦らずにゆっくりと片付けていきましょう。何よりも、引越し後は期限が決まっている手続きがありますので、そちらを優先的に行っていく様にしましょう。手続きが終われば、後はゆっくりと片付けることが出来ますからね。