引越し方法にはいろいろなやり方があります

引越しの仕方にはいろいろな方法があります。トラックを借りて友人や家族で行う自力引越しや、梱包まですべて引越し業者にお任せするフルパックと呼ばれるものまで様々です。

 

予算と都合に合わせて最適な引越しプランを計画したいものです。

自力で引っ越す

多くの場合引越しを行うためには、引越し業者の力を借りることになりますが、比較的近場の引越しになり、なおかつほかの人の力もある程度借りることができるような場面では、引越し業者の力を借りるということは、かえってコストがかかってしまい、必ずしも有効な引越しの方法であるとは言えなくなってしまいます。そのためにある程度の距離の引越しであれば、自力での引越しというものも視野に入れることができます。

 

自力で引越しを行うためには、当然必要となるものも、自力で集めることになります。一般的に引越しを行うために必要となるものは、荷物を運ぶためのトラックなどの貨物自動車、引越しで運ぶ荷物をまとめるためのダンボールなどの梱包資材、そしてそれらの作業を行う人材であるとされています。近年では駅前などに多くのレンタカーを借りることができる場所もあるために、そう言ったところでレンタカーの軽トラックを借りることも可能な場合が多く、自力での引越しを行うためにはレンタカーを使用することが一般的なものとなっています。梱包資材に関しても、ダンボール箱などは、スーパーなどの多くの商品を仕入れることを行っている場所に行けば、多くのダンボール箱が取っておいてあるものですので、それを分けてもらうことによってまかなうことができるようになっています。

 

引越しの作業を行ってもらうのは、家族や知人など身近な人の助けを借りることが一般的ですが、この際にいくらかのお礼を支払うことも考えられます。その他にも食事代などを持つことにもなるなど、実は多くの出費がかかってしまうのが、自力での引越しとなっています。また作業を行う人にプロの技術が備わっていないために、荷物の破損等が多いというデメリットも存在しています。

レンタカー使用の際の注意点

  

多くの人は引越しを行うために、どのようにすれば安価に引越しが行うことができるようになるのかを考えるものです。その時に最も多く考えられる方法として、引越し業者を介さず、自分自身の手のみで引越しを行ってしまうというものです。プロの人件費というものは、大変高価な値段がつくものであるために、そう言った部分を削減することが出来れば、大変安価に引越しを行うことも可能になるものと考えられています。

 

その他にも、自分のライフスタイルに合わせた引越しができることや、引越しに長い期間をかけることができるなどのようなメリットも存在しているために、自力での引越しを希望するという人も、少なからず存在することになります。

 

しかし実際のところ、自分自身の手で引越しを行うことにも、大変な金額がかかるものとなっており、本当に安価で引越しを行いたいと考えた場合には、引越し業者を利用したほうが安価で引越しが可能になるという事例も増えてきているものです。例えばどれだけ体力のある人であっても、自力での引越しを一人で行うことはまず不可能であるために、知人などに協力を求めることになります。その際にお礼としての金額を支払う必要があったり、食事を提供したりというようなことに想像以上にお金がかかるものとなります。そして何よりもお金のかかるものとなっているのが、レンタカーの存在です。レンタカーを借りるためには、レンタカーを借りるための金額の他にも、返却をする際にガソリンを満タンにして返却する必要があるために、1日で長い距離を走る場合などには、多くのガソリン代がかかってしまうということも十分に考えられるものとなっています。

 

そのほか荷物の破損に保険が適応されないなど、自力での引越しにはそれなりのリスクがあることを覚えておくことが重要です。

トラック運転の注意点

 

引越しを自力で行うためには、荷物を運搬するためのトラックなどが必要不可欠なものとなります。レンタカーとして軽トラックなどを借りるためには、レンタカー自体を借りるための金額はもちろんのこと、ガソリンを満タンにして返却しなければならないことや、高速道路などを利用すると、その金額まで実費で支払うことが必須となってしまうために、多くのリスクを覚悟した上で使用することが必要になります。しかしトラックによって自力で引越しを進めるための最も難しい点として考えられているのは、やはりトラックという普段運転しないような車種の車を運転しなくてはならないという点ではないでしょうか。

 

大型のトラックなどを運転するためには、大型免許という特別な免許を必要とすることになり、さらに近年では中型免許という新しい免許が作られるようになり、トラックのような特殊な車を運転することがより難しいものとして認識されるようになったとされています。たしかになれないトラックや大型車を運転することによって事故を起こしてしまったという報告はあとを絶たず、いかに普段運転している乗用車が運転しやすいものであるのかがわかるようになっています。

 

そのためになんの経験もない人が、当日になって、引越し用の家具などの重い荷物をたくさん積んだトラックを運転するということは、大変危険なものであるということが言えると思います。引越しを行う前に、トラックの運転の練習をしておくことや、自力で引っ越すよりも、引越し業者に依頼したほうが無難に引越しができるというケースも十分考えられるものです。

宅配便

JR貨物や航空貨物などの引越しの方法は、主に長距離の引越しをする際に適している方法であるとされています。長距離の引越しをする際になるべく安価で引越しを行うためにはJR貨物を、早く正確な時間で荷物を届けて欲しい際には航空貨物を使用することが適しているというように、長距離の引越しに関しては、引越しを希望する人のスタイルに合わせた様々な引越し方法が用意されているものとなっています。

 

では近場で引越しを行うためには、どのような方法があるのでしょうか、荷物が少なく移動距離もそれほど長くはない場合には、多くの人が自力での引越しを行ってみようと考えるものではないでしょうか、しかし自力での引越しは、プロの手が加わらないために、運んだものの破損等の事故がよく見られるようになってしまい、安全に引越しを行う手段としては、あまり適していないものと考えられることもあります。そのために近場の引越しでもプロの手を借りて荷物を運搬する方法として利用されるものが、宅配便です。

 

日常において利用される機会が多い宅配便ですが、引越しの際にも役に立つものであり、単身での引越しのような比較的小規模の引越しの際には、よく利用されるものとなっています。宅配便のメリットとしては、なんといっても価格がほかの運搬方法と比較しても安価に抑えられるという点にあるものと考えられています。またある程度の日時を指定して受け取ることができるために、自分の都合に合わせて荷物を受け取ることが可能になるという点も大きなメリットとなります。ただし沢山の荷物は送ることはできないために、宅配便の利用は小規模の引越しに限定されてしまうものです。

JR貨物

引越しを行う際に、近場の引越しであれば、自力で軽トラックなどを利用して引越しを行うことが可能です。しかし移動する距離が長距離になるに従って、やらなくてはならない作業も増えていくことになり、自分ひとりでの引越しというものは、不可能であるものとされていきます。自分ひとりで行うことができないような距離の引越しの場合には、何らかの方法で多くの荷物を長距離移動させることが必要になります。多くの荷物を一度に運ぶことのできる方法の一つとしてよく使用されるのが、JR貨物となっています。

 

JR貨物を用いての引越しは、運送業者の営業所やJR貨物の営業所などによって受付がなされているものであり、引越しの際にはよく利用されるものとなっています。1度のJR貨物の依頼によって、運ぶことのできる荷物は、床面積が8u、容積が18uほどで限度であるとされています。これは四畳半の部屋に相当する広さであるとされているために、単身での引越しのために荷物を運搬するためには、申し分ない広さであると考えられています。

 

JR貨物によって荷物を運ぶためには、まず旧居から荷物をトラックでコンテナへ積み込むために運び出す必要があります。そういった点では、JR貨物を利用した引越しというものは、利用する側の感覚から言えば、通常の引越しとはあまり変わらないものであると考えられています。当然ながら目的地へ到着した荷物は再びトラックに積まれることになり、新居へと届けられます。
JR貨物を利用することのメリットとしては、長距離の移動を行えば行うほど、料金が安価で利用できるという点にあります。逆に注意すべき点としては、荷物が指定した日よりも遅くなってしまうことがあるために、事前に申し込みが必要になることです。

航空貨物

引越しというものは長距離で大きな荷物を運ぶというケースがほとんどであるために、どのようにその大きな荷物を運ぶかがより重要なものとして扱われます。ある程度の距離であれば、JR貨物のように鉄道を利用することによって対応できるケースがほとんどです。しかし海外などの鉄道でも対応しきれないほどの、長距離輸送が必要になることも十分に考えられ。そういった時はより早く荷物を運ぶための方法が必要になり、海外などへ引っ越す人が最もよく使用している荷物の運搬方法として、航空貨物が存在しています。

 

航空貨物とは、いわゆる飛行機を使用して荷物を運搬するという方法であり、飛行機の最大のメリットであるとされる、荷物を早く新居のある場所へと届けることができるという点にあります。そのために、海外などの長距離でなくても、早く引越しの荷物を受け取ることによって、迅速に引越しの作業を終わらせてしまいたいと考える人にとっては、大変適した引越しの方法であると考えられています。

 

航空貨物を使用するための方法は、JR貨物とほぼ同じであり、空輸の手配をすることで、荷物を運び出す当日に、トラックに自分が荷物として運びたいものを積むことになります。トラックに積み込まれた荷物は空港まで運ばれ、空港からは、飛行機によって現地の空港へと運ばれることになり、そこから再びトラックに積み替えられ新居へと届けられるという手順を取ることになります。

 

航空貨物の最も優れた点としては、前述のように、荷物をいち早く現地へと運ぶことができるという点と、時間が正確であり、指定した時刻にちゃんと荷物が届くという点にあるとされています。そのために、航空貨物を利用する人は、急ぎの引越しを行う人に多いとされています。

 

格安で引越しできる業者をどうやって捜すの?
見積もり一括取得サービスを使いましょう!